このページの本文へ

Snapdragon Wear 2100搭載モデルを直営店で

フォッシル、日本初上陸スマートウオッチを9月4日から発売

2016年09月04日 11時00分更新

文● 飯島恵里子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左の女性が着用しているモデルがQワンダー、右の男性が着用しているモデルはQマーシャル。ケースサイズはどちらも同じでユニセックスなモデルとなる

 フォッシルグループは、FossilブランドからAndroid Wear端末「Fossil Q」シリーズの第2世代モデルを、9月4日よりFossilの国内直営店で発売開始した。

 Fossil Qの第1世代モデルは欧米で発売していたが、日本では発売していなかった。しかし、第2世代モデルの販売に合わせて「Qワンダー」を4モデル、「Qマーシャル」を同じく4モデル、計8モデルを日本国内で発売開始した。

 Q WANDER、Q MARSHALともにCPUにはクアルコムがウェアラブル向けに開発した「Snapdragon Wear 2100」を採用している。

機能はOSによって異なるが、メールや着信の通知を表示非接触式充電用マグネットの上にスマートウオッチを置いて充電する

 主な機能は既存のAndroid Wear端末とほぼ同等だが、独自のFossil Qアプリがアメリカのファッションブランドらしくウイットに富んだ仕様になっている。

 フォッシルグループは時計だけではなく、バック、アクセサリーを購入しやすい価格で製造販売しているだけあり、Qワンダー、Qマーシャルの時計ケースの色やストラップのバリエーションを、スマホやPCメーカー発のスマートウオッチに比べ豊富に展開している。また付け替え用のストラップも、本モデル発表と同時に多数用意している。


Qワンダー タッチスクリーン ライトブラウンレザー スマートウオッチ/3万9960円Qワンダー タッチスクリーン ブラックシリコン スマートウオッチ/3万9960円
Qワンダー タッチスクリーン ステンレススティール スマートウオッチ/3万9960円Qワンダー タッチスクリーン ローズゴールドトーン ステンレス スマートウオッチ/4万2120円
Qマーシャル タッチスクリーン ブラウンレザー スマートウオッチ/3万9960円Qマーシャル タッチスクリーン ブラックシリコン スマートウオッチ/3万9960円
Qマーシャル タッチスクリーン ステンレススティール スマートウオッチ/4万2120円Qマーシャル タッチスクリーン ステンレススティール スマートウオッチ/3万9960円

Qワンダー、Qマーシャルの主なスペック
プラットフォーム Android Wear
対応OS Android OS4.3以降/iOS8.2以降(iPhone 5以降)
サイズ ケース径45mm/ケース厚13.5mm(Qマーシャル ケース厚14mm)/ストラップ幅22mm
ディスプレー タッチパネル
CPU Snapdragon Wear 2100
ストレージ 4GB
センサー 加速度センサー/ジャイロセンサー
通信 Bluetooth 4.1/IEEE 802.11 b/g/n
バッテリー 360mAh/最長24時間
防水 ○(IP67)
そのほか 活動量計測/スマホ通知/音楽アプリの操作/文字盤デザインの変更/バイブレーション機能/マイク/スピーカー
価格 3万9960円/4万2120円(Qワンダー ローズゴールドケース&ストラップモデル/Qマーシャル スモークケース&ストラップモデル)

■関連サイト

カテゴリートップへ