このページの本文へ

SIMフリー端末ながらCAとau VoLTEに対応

最強Windowsスマホ「HP Elite x3」9月5日発売で8万4024円

2016年08月31日 15時05分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本HPが9月5日から販売を開始するWindowsスマホ「HP Elite x3」

 日本HPが9月5日から順次販売を開始するWindows 10 Mobile搭載ビジネス向け3in1デバイス「HP Elite x3」は、SIMフリー端末ながらauとの相互接続性テストを実施済み。Windowsスマホとしては国内初のau VoLTEに対応し、キャリアアグリゲーションとWiMAX 2+に対応することで下り最大225Mbps通信が可能。価格は8万4024円で、10月初旬より順次発送開始予定。

ディスプレーは5.96型と大きいが、背面がすべらずホールド性は良好
背面には指紋認証センサーを搭載。HPロゴはハイエンド系にあしらわれるタイプ
両面挿しのUSB Type-Cコネクターを採用する

 「HP Elite x3」は5.96型WQHD(1440×2560ドット)解像度有機ELディスプレーを採用。CPUはクアッドコアのSnapdragon 820で、メモリーは4GB、ストレージは64GB。Windows 10の“Continuum(コンティニュアム)”機能とノートPCタイプの「HP Elite x3 ノートドック」(5万3784円、9月下旬販売予定)や卓上スタンドタイプの「HP Elite x3 デスクドック」(1万2960円、9月下旬販売予定)などのオプション製品を組み合わせることで、PCのようにシームレスに業務に活用できる。

大容量バッテリーを搭載する「ノートドック」は5万3784円で、12.5型フルHD解像度液晶を搭載。重量は約1.07kg
クレードルタイプの「デスクドック」はElite x3を立てて利用する

 セキュリティー機能として指紋認証センサーに加えて虹彩認証カメラも搭載。IP67準拠の防水防塵仕様で米国国防総省が定めた資材調達基準「MIL-STD 810G」テストをクリアーしている。対応SIMはnano SIMでシングルSIM仕様。


「HP Elite x3」の主なスペック
発売日 9月5日
価格 8万4024円
ディスプレー 5.96型有機EL
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 83.5×161.8×7.8mm
重量 194g
CPU Snapdragon 820(クアッドコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB(eMMC5.1)
外部メモリー microSDXC対応
OS Windows 10 Mobile
4G対応バンド バンド1/3/8/11/18
/19/26/28/41(CA対応)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:16メガ/イン:8メガ
(+2.4メガ赤外線:虹彩認証用)
防水/防塵 ○/○
Qi
生体認証 指紋センサー、虹彩認証
SIM形状 nanoSIM
バッテリー容量 4150mAh
連続待受時間 500時間

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART