このページの本文へ

UMAX「DCDDR4-2400-16GB HS」、「DCDDR4-2400-32GB HS」

白色ヒートスプレッダのDDR4-2400メモリーがUMAXから

2016年08月30日 23時38分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マスタードシード取り扱いのUMAXブランドから、ホワイトヒートスプレッダを採用するDDR4メモリーが発売された。販売しているのはパソコンショップアーク。

ホワイトヒートスプレッダを採用するDDR4メモリーがUMAXブランドから登場。価格も安めなのでコスパ重視派は注目

 登場したのは、8GB×2枚の「DCDDR4-2400-16GB HS」と16GB×2枚の「DCDDR4-2400-32GB HS」。いずれもDDR4 2400MHz動作のデュアルチャンネル対応メモリーモジュールキット。特徴は、ホワイトカラーのヒートスプレッダを採用する点。昨今増えつつあるホワイトカラーのマザーボードとは相性がよさそうだ。

クロックDDR4 2400MHz(PC4-19200)/レイテンシーCL17-17-17のほか、DDR4 2133MHz(PC4-17000)/レイテンシーCL15-15-15動作もサポートしている

 スペックは1.2V標準電圧動作で、クロックDDR4 2400MHz(PC4-19200)/レイテンシーCL17-17-17のほか、DDR4 2133MHz(PC4-17000)/レイテンシーCL15-15-15動作もサポートしている。DDR4-2400正式対応のBroadwell-Eはもちろん、Skylake系プラットフォームでも問題はない。

 価格は8GB×2枚の「DCDDR4-2400-16GB HS」が8480円、16GB×2枚の「DCDDR4-2400-32GB HS」が1万4980円となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中