このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

全日本ギャルゲー研究所 第9回

紳士淑女の集い「アダルトVRエキスポ2016」に突撃

2016年08月30日 19時00分更新

文● 全ギ研所長ミナミダ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 札幌で定期的に開催されている18歳未満入場禁止展覧会「下品で最低」主催のGEHISAI実行委員会の展示は青臭い中学生マインドを忘れない数々のグッズが秀逸。グッズ売り場の足元には、実際に半年間屋外で風雨にさらしたエロ本を散らし、来場者の思春期の思い出をくすぐります。

見た瞬間大笑いした、風雨にさらされた18禁書籍が足元に。ちゃんと石けんも付属するタオルは、ハーレムアニメの温泉回気分が味わえる逸品。「できるだけチープな素材を選んだた」とのこと。さすがです
手書きのラブレターをもらったことがない方向けに、現役女子高生が書いた手書きラブレターを用意。我々のポータルサイトことXVIDEOSの検索タグが刻印されたキーホルダーもステキ。筆者はMILFを買います!

 KISS(18禁リンク)は「HTC Vive」を使った「カスタムメイド3D2」のVRプレイを展示。体験を希望する記者の列が途切れず、筆者はプレイできず血の涙を流しました。

3Dモデルの高品位さで知られるKISSの「カスタムメイド3D2」。18禁ゲームなので、もちろんあんなこともこんなこともできます!

 VRJCCの「なないちゃんとおそぼ!」は、空気嫁ちゃんにセンサー代わりのスマホを装着することで、さまざまな姿勢でなないちゃんと触れあえる逸品。前回展示から音声データが追加されており、なないちゃんモデルのスマホを入れるハコスコ型VR HMDもありました。筆者は作品とHMD、両方買っちゃいましたよ……。

VRJCCの「なないちゃんとあそぼ!」の体験列も大盛況。今回の会場はちゃんとベッドが用意されているのもナイスです

 VR HMD「暴風魔鏡」は累計200万台を超える人気デバイス。第四世代のデバイスは6980円前後で、アマゾンなどで購入できるコンパクト版は1980円前後とお手軽です。

C&JプロモーションはVR撮影環境も展示

 このほか、シリコンモデルとクロマキー合成を利用したVRなどさまざまな技術が展示された「アダルトVRエキスポ2016」。アダルトというと少し身構えてしまう方もいるかと思いますが、会場内の雰囲気は和気藹々としており熱気あふれるものでした。先入観をもたずに触れると、これほど楽しいイベントもそうそうありませんよ!


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社