このページの本文へ

お風呂で聴ける話せる「Bluetooth 防水スピーカー」が上海問屋から

2016年08月18日 22時04分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、リビングやバスルームなど場所を選ばず使える「大音量・高音質 Bluetooth 防水スピーカー」(型番:DN-914003)が発売された。

「大音量・高音質 Bluetooth 防水スピーカー」

 サイズが直径約74mm×高さ約165mmの円柱形デザインを採用する本体は、コンパクトで持ち運びやすく、防水等級IPX5の防水性能をサポート。そのため、大音量・高音質のサウンドを、リビング、バスルーム、キッチンなど好みの場所で楽しめるとしている。

防水等級IPX5の防水性能をサポート。スピーカーにはマイクが搭載されているので、そのままハンズフリー通話も可能だ

 スピーカーは2つ搭載しており、広範囲にステレオサウンドを響かせられる。また、3.5mmステレオミニジャックを搭載(3.5mmオーディオケーブルが同梱)しているため、Bluetooth機能がないMP3プレーヤーやPC、ラジオなどとも接続できる。

 また、スマホやiPhoneに接続して音楽を聴いているとき着信があった場合は、本体上部の電源ボタンを押せばすぐに応答可能。スピーカーにはマイクが搭載されているので、そのままハンズフリー通話ができる。

 内蔵バッテリーは充電時間が約4.5時間、連続使用時間が約5時間。価格は4629円(税抜)となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ