このページの本文へ

dマガジン/楽天/Kindle、雑誌読み放題サービスの収録誌をチェックした

2016年08月13日 15時00分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモの「dマガジン」(税抜月400円)が先行した、雑誌読み放題サービス。今週になって、楽天が200誌以上収録しているという「楽天マガジン」(税抜月380円、または年3600円)で同様のサービスを開始した。また、AmazonのKindle Unlimited(税抜月980円)も読み放題の雑誌がかなり収録されている。

雑誌の数だけなら
dマガジンの160誌以上に対し、楽天は200誌以上

 楽天マガジンは「200誌以上」収録という数字をアピールしており、これはdマガジンの「160誌以上」を上回っている。ではどんな雑誌が収録されているのか確認した。手作業でのチェックだったので、若干のミスがあってもご容赦いただきたい(読みたい雑誌は加入前にあらためてチェック!)。

楽天とdマガジンの雑誌一覧から、黙々とチェックした

 Kindle Unlimitedについては、原則として最新号が対応しているものを○としたが(「△」は試し読み版があるもの、「バ」は最新版が有料でバックナンバーに無料の号があるもの)、今後サービス内容が変わる可能性もある。また、Kindle Unlimitedのみに対応した雑誌についてはチェックしきれなかったため、ここにあるのはその一部と見てほしい。なお、コミック誌は今回は加えていない。

IT/ガジェット、ニュース/総合週刊誌
自動車/バイク、スポーツ
トラベル/グルメ、ホビー
男性ファッション、ライフスタイル、教育、生活など
女性ファッション、ライフスタイル

 楽天は確かに200誌以上を収録していた。それに対して、dマガジンは数では劣るが、参加出版社が発行する雑誌の中でも、月刊誌や週刊誌などを中心に、人気誌をピックアップしている印象だ。

 dマガジンのみで配信されている雑誌、出版社も相当数ある。たとえば、“センテンス・スプリング”でおなじみの週刊文春および文藝春秋の雑誌。KADOKAWAや日経BPについてもdマガジンのみの参加だ。また、NHKきょうの料理、鉄道ファン、LEONなど、コアな人気がありそうな雑誌のほか、ジャンル内で強い雑誌についてはしっかり押さえている印象。

 一方、楽天マガジンがハッキリと強いのは自動車やバイクなど、男性の世界。専門性が強い出版社から多数の雑誌が参加しており、こういったジャンルに興味があるなら、楽天マガジンだろう。Kindle Unlimitedについては、出版社によって状況はバラバラ。インプレスのようにハッキリと力を入れている出版社も見られる。


カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン