このページの本文へ

法人向けの高性能Windowsスマホ、Acer「Jade Primo」を写真でチェック

2016年08月07日 12時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本エイサーが主に法人向けとしてリリースする、Windows 10 Mobile搭載のスマートフォン「Liquid Jade Primo」。製品に同梱するドックにはHDMI端子が用意されており、有線でのContinuum機能に対応する。今回はまず、外観を中心にチェックしていこう。

Acerから発表された、有線のContinuumにも対応するハイスペックなWindowsスマホ「Liquid Jade Primo」。価格は税抜約10万円

 同社はJade Primoについて、単純なスマートフォンではなく、“ポケットPC”という呼称を用いている。製品箱には前述のドックに加えて、無線キーボード、無線マウスまで付属。というわけで、スマホとしてはかなり大きな梱包になっている。

大きな箱の中には本体のスマホのほか、ドック、キーボード、マウスが入っている
ドックにスマホを挿したところ。ドックの左側面にはHDMIとUSB 3.0、右側面にはUSB 2.0×2が用意されている

 主なスペックは、ディスプレーにフルHD解像度(1080×1920ドット)の5.5型、ヘキサコアのSnapdragon 808、3GBメモリー、32GBストレージ、2100万画素カメラ(イン800万画素)、2870mAhバッテリーなど。

背面はヘアライン風塗装。「21 MEGA PIXELS」と書かれたリアのカメラはソニー製センサーを用いているとのこと
側面は丸みを帯びているため、薄型に感じる。SIMスロットはnanoSIM×2で片方はmicroUSBとの排他仕様
メインのキーはディスプレーに表示するタイプ。端末下部のUSB端子はType-C
フリップカバーまで付属する

 CPUは現状の最速クラスではないが、もともと動作がスムーズなWindows 10 Mobileに加えて、画面解像度もフルHDということもあって、非常にサクサク。ウェブブラウザーのEdgeもPC向けサイトを表示させても、引っ掛かりなどは感じられない。また、ディスプレーは有機ELなのに加え、表面処理の影響か、非常に鮮やかで印象的だ。

 デザイン的には、厚みは8.4mmと超薄型ではないのだが、背面の左右が丸みを帯びていることもあって、数値以上に薄く感じる。また、最近のAcer端末ではおなじみの背面のヘアライン塗装も高級感がある。

 スペック的に気になるのは対応バンド。グローバルモデルをほぼそのままに国内に導入したのか、LTEがバンド1/3/7/20、3G(W-CDMA)がバンド1/2/5/8と、ドコモ網で利用する場合に800MHz帯に接続できないのは、イマドキのSIMフリースマホとしては残念なところ。

 有線のContinuum機能については、後ほど実際に試してみる予定だ。お楽しみに。

Acer「Liquid Jade Primo」の主なスペック
ディスプレー 5.5型有機EL
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約75.9×156.52×8.4mm
重量 約150g
CPU Snapdragon 808(ヘキサコア)
メモリー 3GB
ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大128GB)
対応ネットワーク LTE:バンド1/3/7/20
W-CDMA:バンド1/2/5/8
4バンドGSM
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
OS Windows 10 Mobile
カメラ画素数 リア:21メガ/イン:8メガ
バッテリー容量 2870mAh
SIM形状 nanoSIM×2
カラバリ ブラック
発売日 8月25日

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン