このページの本文へ

FPGA内部メモリーを用いてデータベースアクセスを高速化

日立、データ分析の速度を100倍に高速化する技術を開発

2016年08月03日 17時01分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
リアルタイムデータ分析システムの構成図(左)と開発技術の詳細説明図(右)

 日立製作所は8月3日、データ分析の速度を最大100倍にする技術を開発したと発表した。

 近年、ビジネス分析やデータベース管理、リアルタイムデータ分析など需要が高まっており、とくに従来は専門家が行なっていた大量のデータ分析を顧客自らが入力・分析するセルフサービス分析が増えているという。

 この種のセルフサービス分析には大量のデータを迅速に処理する性能が必要で、データ記憶媒体をHDDからフラッシュストレージに代替するなどの工夫が行なわれているが、分析処理がデータ読み出し速度に追いつかず、性能向上の課題となっていた。

 日立では、FPGAの内部メモリーを活用する技術を考案。FPGA内部メモリーは数MB程度の容量ながらCPUにとっては高速にアクセスできるため、外部メモリーに記憶されるデータの管理情報を細分化して記憶させてデータ分析速度を向上。日立のグループ会社が開発したビジネス分析ソフトウェアと組み合わせたプロトタイプを開発し、処理速度が最大100倍にまで向上していることを確かめたという。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART