このページの本文へ

CORSAIR「K70 RGB RAPIDFIRE」

超高速ゲーミングキーボード、CORSAIR「K70 RGB RAPIDFIRE」がデビュー!

2016年08月02日 22時47分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cherry MX Speed RGBを採用した超高速メカニカルゲーミングキーボード「K70 RGB RAPIDFIRE」がCORSAIRから発売された。ツクモパソコン本店では、高速スイッチを体験可能だ。

超高速メカニカルゲーミングキーボード「K70 RGB RAPIDFIRE」。RGB機能のない「Cherry MX Speed」スイッチを採用する「K70 RAPIDFIRE」もラインナップする

 「K70 RGB RAPIDFIRE」は、Cherry MX Speed RGBを採用した超高速メカニカルゲーミングキーボード。アクチュエーションポイント1.2mmという驚異的な短接点設計を実現し、従来のCherry MXよりも入力必要時間が40%高速化されたことで、ミリ秒単位のプレイが要求されるeスポーツシーンで「絶大なアドバンテージを発揮する」とされるキーボード。

アクチュエーションポイント1.2mmという驚異的な短接点設計を実現。実際の打鍵感は今までにない柔らかさ。慣れが必要そうだが、高速入力は可能かもしれない

 また、キースイッチのクリアハウジング内にRed、Green、Blueの3つのLEDを搭載、3つのLEDがそれぞれ独立制御され最大で約1680万色の色鮮やかな発光を実現。独自開発ソフト「Corsair Utility Engine」によって、約1680万色の独立したLEDバックライトカラーと、イルミネーション、すべてのキーに登録できる高度なマクロに対応、シーンや用途に応じて4段階で切り替え可能なレポートレートなどを設定できる。

ボリュームアップ、ボリュームダウン、ミュート、再生、停止、進む、戻るが手元で操作できる便利なマルチメディアキーを備える

 そのほか、キー荷重は45g、ストローク耐性は5000万回、100%アンチゴースト、Nキーロールオーバー対応、最大1000Hzのレポートレート。プレイ中の誤操作を防ぐWindowsロック機能、パススルーに対応したUSBポートをキーボード背面に搭載済み。表面に滑り止め加工を施し、FPSやMOBAタイトルにおいてパフォーマンスを発揮するメインキーの交換用キーキャップが付属する。

 サイズは165(W)×436(D)×38(H)mm、重量約1.2kg。価格は2万498円。RGB機能のない「Cherry MX Speed」スイッチを採用する「K70 RAPIDFIRE」が1万7258円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中