このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」第136回

日本酒飲み放題「KURAND」の新業態

焼酎無限飲み放題の「HAVESPI」で酒の真髄を知るべし

2016年07月08日 17時17分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
焼酎の飲み放題をしてきました。無制限

 好きな酒は何かと問われたら、ビール、日本酒、ウイスキーあたりがパッと浮かぶ私。「焼酎は好きか」と聞かれたら、もちろん好き。ですが実は、芋、麦、米焼酎の区別くらいしかわからない。

 私同様に、焼酎が嫌いじゃないけど深くは知らない、という人にぜひこのお店を体験してほしいです。

焼酎飲み放題の「HAVESPI」新宿三丁目にオープン

 焼酎飲み放題のお店「HAVESPI(ハベスピ)」が、7月8日新宿三丁目にオープンしました。入場料3240円で、100種以上の焼酎を時間無制限で飲み放題できます。

場所は新宿三丁目。同じビルに「KURAND SAKE MARKET」も入っています。梅酒飲み放題の「SHUGAR MARKET」も、7月22日に追ってオープン。アルコールビル

 最近店舗を増やしている日本酒のスタンディング飲み放題「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」の新業態で、系列店同様に途中入退場可能、食事の持ち込みもオーケーという自由度が高いルール。

「ハベスピ」って不思議な名前

 HAVESPIという店名は少し複雑に聞こえますが、麦・米・芋といった収穫物・Harvest(ハーベスト)と、蒸留酒・Spirits(スピリッツ)からきているそうです。

焼酎がずらり。ひゃっほー!

 フリーで酒を選べる酒棚を見ると、左のほうから芋焼酎、麦焼酎、米焼酎がずらり。有名な茜霧島なども置いているので、手間を惜しまずに焼酎を集めているようです。

茜霧島、飲みました。おいしかったです

 真ん中あたりに黒糖焼酎、泡盛。そうか泡盛も焼酎ですもんね。続いて、そば焼酎、栗焼酎など、少し珍しいものが並んでいました。

えのき焼酎ですって……!!

 驚くのはここから。棚の右のほうには「えのき」の焼酎、「レタス」の焼酎、「またたび葉」の焼酎など、味が想像できない特殊なものが。ひえ~。

 特殊な焼酎は普通のお店で頼むのは気が引けちゃうけど、このように飲み放題で選べるのであれば気軽に味見ができますよね。

これぞ焼酎という味わい。おいしかったです

 何を飲んでいいのか迷ってしまったので、「どっしりした焼酎を飲みたいです」と店員さんにきいて、おすすめしてもらったのがこれ。芋焼酎「山猪」、芋焼酎「小鹿 本にごり」、麦焼酎「風龍」。いずれも昔ながらの力強いコクがある、酒好きにうれしい焼酎です。

超豪傑!

 今の季節ならではの「夏酒」というカテゴリーもあります。焼酎でいう夏酒は特に新酒でなどの規定はなく、ロックで飲んでおいしく飲めるもの、というふうに酒蔵さんで工夫しているそう。例えば、原酒がアルコール30度以上のものを前割りして20度程度にしている、という焼酎もありました。

夏酒は涼しげなラベルなのです

期間限定で高知のベロベロお座敷遊びも体験できる

 7月15日までの期間、高知県のアンテナショップ「まるごと高知」とのコラボフェアとして、高知のおきゃく文化を体験できる座敷のブースが設置されています。

可杯(べくはい)をご存知でしょうか

 天狗やひょっとこなどのカタチをした置き物のようなもの。これは可杯(べくはい)といって、逆さにすると、酒を注げる酒器になります。専用のコマを回して、出た絵柄に従ってみんなで可杯を飲んでいくという遊びができます。

 可杯のコマを回す時は、お座敷歌に合わせて。「べろべろの神様は、正直な神様よ」。なんでも高知にはお酒を飲み続けていると“べろべろの神様”という、それはそれは立派な神様が降臨するといういわれがあるそう。

可杯で遊んでみました。ベロベロの~神様は~
コマの先端が向いた人が、表示されたキャラの可杯で酒を飲みます
残したりこぼしたりすると、“粗相”ということでもう一杯。最強は天狗の可杯で、量が多く注げちゃうし、テーブルに置けないのでいっきに飲まなくてはいけません

 余談ですが、ベロベロの神様は2014年にイラストレーターのデハラユキノリ氏がキャラクターとして書き起こしています。やばい、超カワイイ。

こちらがベロベロの神様。おまたがかわいい。HAVESPIの紹介とずれますが

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!