このページの本文へ

関西圏の受注増に対応…大塚商会、「西日本物流センター」開設

文●通販通信

2016年07月08日 01時44分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (株)大塚商会は7日、関西圏の注文拡大に対応するため、新たに物流センター「西日本物流センター」(大阪市西淀川区)を8月に開設すると発表した。

 同センターでは、既存物流施設と点在していた保管倉庫、パーツセンター、キッティングセンターを集約。最新の商品搬送設備(全3600m)、高さ調整機能付き自動梱包器、シャトルラックの導入し、省人化や出荷スピードの向上を実現した。また、最新のピッキング方式の導入で、作業効率を大幅に改善した。

 同センターは、倉庫内の全照明に同社のLED照明約4200個を利用し、年間約45万kWh、CO2換算で約230トンのし省エネ効果を見込む。耐震構造やネットワークの2重化など、最新の設備を設置し、人と商品、環境にやさしい物流センターとして稼働する。

 
 同社は同センターの稼働で、オフィスサプライ通販事業「たのめーる」の関西圏での地域密着サービスを強化。また、IT機器関連商材の西日本エリアのハブ機能の役割を果たし、商品供給の品質向上を図る。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く