このページの本文へ

開発環境からチュートリアルまで

これなら作れる!WordPressプラグイン開発に役立つ記事まとめ

2016年07月06日 18時46分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

WordPressの人気を支える、豊富なプラグイン。探せばたいていのもがあるとはいえ、欲しい機能とピッタリはまることばかりではありませんよね? そんなときは、自分専用のプラグインを作ってしまうのも1つの手。WordPressのプラグインを開発に役立つ記事をまとめてみました。

1.WordPressプラグインの最高の開発環境はこれ!

01.png

WordPressコア貢献者に聞く「ぼくのかんがえた最強の開発環境」(2016年版)(WPJ)

WordPress用の開発をするなら、いまどきどのようなツールを使うのがいいのか? WordPress専門の開発者であり、コアの貢献者でもあるMatt Geriさんがおすすめする、最高の開発者環境を具体的に解説します。

2.開発環境をMAMPからVagrantへ乗り換える

02.png

WordPressのテーマ・プラグイン開発環境をVagrantを使い簡単に構築する方法(経験知)

いまどきの開発環境といえば、MAMPやXAMPPよりも仮想開発環境。Vagrantを使った環境構築の手順をかなり具体的に紹介している記事です。途中遭遇したエラーについても。

3.開発をスピードアップする12のフレームワーク

03.png

12 Popular Frameworks to Speed up your WordPress Development(HOT SCRIPTS)

英文記事になりますが、WordPress開発をスピードアップするフレームワークが、プラグイン開発、テーマ開発分けて12紹介されています。プラグイン開発で取り上げているのは、Piklist、Herbert、Orbit、Themosisなど6つです。

4.手取り足取りで理解が進む、自分専用プラグインの作り方

04.png

これで案件が捗る!オレオレWordPressプラグインの作り方がわかる実例(WPJ)

探せば大抵のものはある、と言われるWordPressのプラグイン。でも、ちょっと自分がほしいものとは違うんだけど…なんてことも多いはず。自分専用のプラグインの作り方を2回に分けてじっくりと(その前編)。

5.ほらできた、自分専用プラグイン

05.png

WordPressプラグインってこう作るんだ!と実例で学べるチュートリアル(続き)(WPJ)

WordPressプラグインの作り方を学ぶ『これで案件が捗る!オレオレWordPressプラグインの作り方がわかる実例』の続き。コーポーレートサイト向けに、企業の拠点情報を表示するプラグインを作っています。

6.プラグインの設定を管理画面から操作する

06.png

【WordPressプラグイン開発】独自設定ページでオプションを追加・変更する方法(はぴすぷ)

プラグインを作ったあと、管理画面にメニュー画面を用意して、プラグインの設定値を確認、変更、更新ができるようにすると便利です。管理画面のメニュー画面で、設定を扱う方法が説明されています。

7.ダッシュボードのコンテキストヘルプが便利

07.png

ユーザー思いのWordPressプラグイン開発、コンテキストヘルプが使いやすさの決め手(WPJ)

いいプラグインやテーマができたら、たくさんの人に使ってもらいたい、と思います。だったら、「ヘルプ」にももう少し気を使ってみましょう。ダッシュボードのどこからでも利用できるコンテキストヘルプが意外と便利です。

8.「フック」で挫折しないWordPress開発

08.png

もう開発で苦しまない!「フック」を理解したらWordPressは最強のCMSになる(WPJ)

WordPressの拡張性の高さの1つは、「フック」というしくみにあります。WordPressのフックをしっかり理解しするためのチュートリアルです。

9.プラグインを公式ディレクトリにアップ

09.png

WordPressプラグインを公式プラグインディレクトリへ追加する方法(OXY NOTES)

自分で開発したプラグインを多くの人に使ってもらいたい、ビジネスにしてみたいという人は、WordPressの公式ディレクトリヘプラグインをアップロードしましょう。申請方法から必要なSVNの使い方まで解説しています。

10.oEmbedをカスタマイズ

09.png

URLだけで記事を埋め込める便利なヤツoEmbedをとことんカスタマイズ(WPJ)

WordPressの投稿画面にYouTubeのURLを貼ると、動画が埋め込まれます。埋め込み用データの取得方法を定めるオープン規格oEmbedはプラグイン開発にも便利な機能です。しくみと使い方を学びましょう。

まとめ

いかがでしたか? いますぐにプラグインを作る機会がなくても、いざというときに役立ちそうな記事をセレクトしてみました。ぜひ、チェックしてみてください。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く