このページの本文へ

freee、日本マイクロソフトとサービス連携!まずはOffice 365に対応

2016年07月01日 06時30分更新

文● 北島幹雄/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月30日、freeeは⽇本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」への対応を発表。クラウド会計ソフト「freee」などの各種サービスと、中堅・中⼩規模法⼈のエンタープライズ領域で広く使われているOffice 365 をはじめとしたサービスのシームレスな連携が実現する。

 連携により、Microsoft アカウントやOffice 365でのアカウント情報を利⽤して、freeeの各種サービスへのシングルサインオンが可能となる。また、「freee」と「Excel」の連携では、Excelでの経費精算データを同サービス上で簡単に会計データとして取り込むことや、逆にfreeeで作成した経費精算データをExcelに取り込める。

Excel連携のイメージ

 今回の連携で、freeeは個別パッケージ群によらない”中堅規模法⼈向けクラウドERP”というコンセプトをさらに幅広い規模で拡大。またこれを⽪切りに、今後も⽇本マイクロソフトが提供するSkype for Businessなど各種サービスとの連携を進め、バックオフィス業務の効率化や会計事務所とのコミュニケーション円滑化を実現する新サービスの提供を進めていくと発表した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
ピックアップ