このページの本文へ

Palit「GeForce GTX 1080 JetStream」、「GeForce GTX 1080 GameRock Premium Edition + G-Panel」、「GeForce GTX 1080 GameRock Premium Edition」

これは楽しみ! Palitオリジナルクーラー採用GTX 1080は25日発売

2016年06月23日 23時52分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オリジナルVGAクーラーを採用したPalit製のGeForce GTX 1080搭載ビデオカードが25日(土)に発売される。ドスパラ パーツ館では、発売に先立ちサンプル版の展示が始まっていた。

オリジナルVGAクーラーを採用したPalit製のGeForce GTX 1080搭載ビデオカード。25日(土)から販売がスタートするが価格はそれまで内緒

 発売が予定されているのは、おなじみJetStreamクーラーを採用する「GeForce GTX 1080 JetStream」、RGB仕様のデュアルファンを搭載する「GeForce GTX 1080 GameRock Premium Edition + G-Panel」と「GeForce GTX 1080 GameRock Premium Edition」の3モデルだ。

 「GeForce GTX 1080 JetStream」は、パワフルな冷却性能を発揮するターボファンブレード採用の100mmファンを2基搭載したJetStreamクーラーを装備。カード厚が3スロット占有の大型モデルだ。

 動作クロックは、コアベースクロック1708MHz、ブーストクロック1847MHz、メモリークロック10000MHz。ビデオメモリーにGDDR5X 8GBを搭載し、補助電源コネクターは8ピン+6ピンとなる。

定番OCモデルの「GeForce GTX 1080 JetStream」。カード厚が3スロット占有の大型モデル

 「GeForce GTX 1080 GameRock Premium Edition + G-Panel」は、新シリーズ“GameRock”に属するゲーミングモデル。RGBによる発光機能のほか、100mmファンを2基搭載したクーラーはGPU温度が50度以下でファンの回転を停止する「0-db Tech」をサポート。8+2フェーズ電源回路の採用やDual BIOS、エアフロー向上の効果が期待できるハニカム形状のI/O部、“GameRock”ロゴ入りの専用バックプレートなどが特徴だ。

「GeForce GTX 1080 GameRock Premium Edition + G-Panel」。採用するオリジナルVGAクーラーはJetStreamと異なり、さらに高性能化が図られている

 動作クロックは、コアベースクロック1746MHz、ブーストクロック1885MHz、メモリークロック10500MHzのOC仕様で、補助電源コネクターは8ピン+6ピン。

 さらにビデオカードの状態をリアルタイムに確認できる5インチベイアクセサリー「G-Panel」が同梱。3.12インチ液晶パネルにさまざまな情報を表示できる。

 なお、「G-Panel」が付属しないモデル「GeForce GTX 1080 GameRock Premium Edition」も用意されている。

カード厚は3スロットでトップのロゴ部分はRGBにより発光するギミックも。重量もかなりのものなので取り付けの際には注意が必要だ

 気になる価格は25日(土)の発売日に明らかとなる予定。当日は「豪華賞品が当たる! 25日にドスパラでGeForceイベント開催」で製品紹介もあるので、合わせてチェックしておこう。

5インチベイアクセサリー「G-Panel」。時刻/BIOSバージョン/GPU電圧/ファン回転数/GPUクロック/温度などさまざまな情報を表示する。なお、Type AとType CのUSB 3.0ポートも用意されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ