このページの本文へ

ソニーの最上位スマホ「Xperia X Performance」の海外版がもう買える!

2016年06月23日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイルの最新フラッグシップスマートフォン「Xperia X Performance」が早くも店頭に登場。イオシス アキバ中央通店にて、SIMフリー仕様のデュアルSIMモデルが販売中だ。

ソニーのフラッグシップスマホ「Xperia X」シリーズの最上位モデル「Xperia X Performance」が入荷! 国内版とは異なる、SIMフリーのデュアルSIMモデルだ

 今週発売予定の国内版に先駆けて、海外版Xperia X Performanceが直輸入でアキバに上陸した。しかも入荷したのは、国内版とは仕様の異なるデュアルSIMモデル。

 ディスプレー解像度こそ4K液晶採用の「Xperia Z5 Premium」から5型サイズのフルHDへと低下しているものの、現行最速SoCのQualcomm Snapdragon 820(2.15GHz)搭載で総合性能は大きく向上した。そのほか、メモリー3GB、ストレージ64GB、外部ストレージは最大最大200GBのmicroSDカードに対応。OSはAndroid 6.0を搭載している。

5型のフルHD液晶やスナドラ820、高性能カメラを搭載。なおデュアルSIMモデルは、4G+3Gのデュアルスタンバイ対応が噂されるなど、注目を集めている

 シリーズ恒例の優秀なカメラ機能も健在で、高速オートフォーカス「Predictive Auto Focus」に対応した2300万画素のメインカメラを搭載。自分撮り用に大きく性能が強化された1300万画素のフロントカメラも備える。

 ヘアライン加工が施された金属製ボディーは防水・防塵に対応し、側面の電源ボタンには指紋認証センサーを内蔵。なお、アンテナ用として一部に樹脂パーツが用いられる国内版とは異なり、全金属製でデザイン面では海外版の方に軍配が上がりそうだ。

最上位モデルとあって、指紋認証に加えて防水・防塵に対応。なおSIMスロットは、nanoSIM×2もしくはSIM+microSDのトレードオフになる

 そのほか、ネットワークはBluetooth 4.2、NFC、802.11ac対応の無線LANをサポート。通信規格は、LTEバンド1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/26/28/29/38/39/40/41などに対応する。ただしデュアルスタンバイ含め通信機能については、ショップでは保証対象外となるので注意しよう。

 イオシス アキバ中央通店における店頭価格は税込8万4800円。人気につき取材時点ではLime Goldのみと品薄だったものの、店頭には今週にも続々と再入荷してくる見込みのようだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン