このページの本文へ

香りも体感できるauの次世代型おままごとセット「ままデジ」

2016年06月15日 20時45分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIが開発した「ままデジ」は、子どもが料理に関心をもつきっかけとなる“おままごと”に注目し、各種センサ-と通信モジュールを内蔵したおままごとセットを利用することでよりリアルな料理体験が味わえるプロダクト。

KDDIが開発した次世代型おままごとキット「ままデジ」発表会のゲストには、タレントの辻希美さんが登壇

 「ままデジ」で利用するタブレットには、にんじんが主人公のカレーをつくる修行に挑むなど複数の物語をプリインストール。タブレットの物語に沿って利用者が進める食材サンプルを切る、フライパンで炒める、鍋を混ぜる、水を注ぐという動作をセンサーが感知し、動作に合わせて実際に料理しているような音が鳴る仕掛け。

 鍋蓋には開け閉めを感知する光センサー、計量カップには傾きセンサー、鍋とまな板、フライパンにはそれぞれ振動センサーを搭載。これらのセンサー内蔵の食器に加えて湯気を出す加湿ユニットを搭載する。

 「ままデジ」はカレーを料理中には音だけでなく料理が完成して鍋を開ける際には湯気が出るほか、実際にカレーの香りがする。この香りは実際にカレーの成分から抽出されたものだ。

 「ままデジ」は4~8歳の子どもの利用を想定。発売時期と価格は未定だが、展示・体験できる場としてコラボレーションパートナーのキリングループ本社受付や工場見学イベントなどを検討している。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART