このページの本文へ

Twitter自分のツイートがRT可能に「自分好きすぎだろ」と思ったけど冷静に考えたら少し違った

2016年06月15日 13時50分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Twitterが15日、自分のツイートをリツイートできるように仕様を変えた。今年4月の決算時、Twitterジャック・ドーシー代表が「サービスの見直し」として掲げたプロジェクトの一環だが「誰が得するの?」とふしぎに思われている。

 ツイ廃の記者が考えるに商用向けだ。決まった時間に同じことを【定期】としてツイートする、いわゆる定期ツイートなどで役に立つ。Bufferのような投稿管理ツールを使ったり、botを使ったりしていない利用者は便利に使えるはずだ。

 今までは流れてしまったツイートをふたたび浮上させるためには「自分宛てのリプライで空ツイートをする」といった努力が必要だった。イベント告知や投票機能でアンケートをとっているときにそうしたツイートを見かけた。

 ツイートをタイムラインに固定する機能(ピンツイート)と同じように、一般人よりは中小企業や著名人が便利に使える機能になりそうだ。オンラインメディアも過去の記事アーカイヴを再掲するときに使うことがあるかもしれない。

 ふたたびツイ廃の記者が考えるに、Twitterは広告を出して利益の源泉になってくれる企業アカウントの開設・継続利用につながる機能や仕様の開発に熱心だ。今回の機能もその1つのように感じた。一般利用者はいわゆるビッグデータの源になるデータを提供するが、データライセンスでの売上はまだ広告の1割ほどにしかならないのだ(ちなみに2016年第1四半期時点で6400万ドル)。

 なお利用者からはTwitter公式アカウントに「そんなことよりAPI制限緩めて」というリプライが飛んでいた。

 TwitterのAPIには15分おきのリクエスト制限がある。たとえばフォローしている利用者のツイートを呼び出したり、リツイートを呼び出すのは15分に15回まで。わたしが常用している「リツイート直後のツイートを表示するやつ」はすぐ利用上限に達し、rate limit exceededで使えなくなる。利用制限はサービスの負荷を軽減するために必要なのだが、がんばってほしい。

 なおツイ廃の記者としては自分のツイートをどんどんリツイートしていきたい。もっとわたしを見てくれ。好きだと言ってくれ。


■関連サイト



盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、記者自由型。戦う人が好き。一緒にいいことしましょう。Facebookでおたより募集中

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「小さな胸、折れない心 feastハヤカワ五味

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART