このページの本文へ

延長ケーブルから電源オンオフ可能

セキュリティー強化モデルも、エプダイから第6世代CPU搭載PCがラインナップ

2016年06月14日 13時36分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンダイレクトは、インテルの第6世代CPUを搭載したデスクトップPC「Endeavor AT993E」の販売を開始した。価格は7万1280円から。

「Endeavor AT993E」

 筐体は従来モデル「Endeavor AT992E」を継承。本体前面にある電源スイッチのほかに、延長ケーブルで接続することで離れた場所からでも電源のオンオフが可能な「外付け電源スイッチ」をオプションとして用意している。

 CPUは標準でIntel Celeron G3900(2.8GHz)で、BTOにより最大でIntel Core i7-6700(3.4GHz)まで選択が可能だ。メモリーは4GB(最大16GB)、ストレージは500GB HDD。標準モデルのほかに、USBポートを無効にし、光学ドライブは読み込み機能のみに限定した「セキュリティー強化モデル」もラインナップしている。価格は7万2360円から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン