このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー第48回

タイプライター風キーボードを試す! リターンバーがかなり気持ちいい!!

2016年06月14日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フリーウェイから発売された「QWERKYWRITER」
フリーウェイから発売された「QWERKYWRITER」

 PC操作に欠かせない存在であるキーボード。その御先祖様はタイプライターだ。古くから個人でタイプライター風キーボードを自作したといったニュースは散見されているが、しっかりとした製品としてQWERTYTOYSから「QWERKYWRITER」が登場している。

 国内の代理店はフリーウェイ(実売価格 6万円前後)で、技適マークも取得されている。当初はジャストシステムの直販サイトでのみ予約を受け付けていたが、現在は量販店などでも購入可能だ。今回は色んな意味で注目度の高いタイプライター風キーボードQWERKYWRITERをチェックしよう。

圧倒的にステキなビジュアル!

何かと独特なビジュアルだが、ほぼスタンダードな83英語キーボード 何かと独特なビジュアルだが、ほぼスタンダードな83英語キーボード

 QWERKYWRITERは、見た目を徹底してタイプライターを意識したもので、写真からもわかるように、既存キーボードとはかなり趣が異なる。

 配列は83英字キーボードで、キー形状は円形。キートップは凹凸のある作りで、フィードバックが独特なものだ。キーピッチ約16mm、キーストローク約4mm、またタイプライターの打鍵感に近づけるために、キーボードスイッチにはCHERRY MX“青軸”互換のものを採用している。

 こういった尖った製品は、価格のわりに作りが微妙であるケースも多いが、QWERKYWRITERの場合は青軸を採用しているだけでなく、土台もアルミニウム合金を採用して質感を高めており、価格に対して納得できてしまう部分が多い。

背面にはペアリングスイッチと充電用のmicroUSBポートがある 背面にはペアリングスイッチと充電用のmicroUSBポートがある

 カテゴリーとしてはBluetoothキーボードに属し、Windows、Mac、Android、iOSなど、Bluetooth HID Profileに対応する製品で使用可能だ。

電源スイッチは右側面にある。またプラテンノブは装飾品として用意されており、機能はない 電源スイッチは右側面にある。またプラテンノブは装飾品として用意されており、機能はない

 電源はリチウムイオンバッテリーで、約1~3ヵ月の動作が可能とあるが、持ち出して使うには厳しいサイズであるため、充電用のUSBケーブルを接続しっぱなしの運用が多くなるのではないだろうか。

10インチのタブレットまでを設置できるスペースもある。また資料置き場にもなかなかよかった 10インチのタブレットまでを設置できるスペースもある。また、資料置き場としてもなかなかよかった

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン