このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2016レポート第36回

トランセンドが同社初のNASストレージをCOMPUTEXに展示

2016年06月04日 11時37分更新

文● ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 半導体メモリー製品などを手掛ける台湾トランセンドは、COMPUTEXの南港会場に設けたブースにて、同社初のNASストレージ「StoreJet Cloud」シリーズを展示していた。

1ベイタイプの「StoreJet Cloud 110」
2ベイタイプの「StoreJet Cloud 210」

 1ベイタイプの「StoreJet Cloud 110」および2ベイタイプの「StoreJet Cloud 210」の2モデルをラインアップ。本体サイズと重量は、StoreJet Cloud 110がおよそ幅45.8×奥行き204.8×高さ129.4mmで1.05kg、StoreJet Cloud 210がおよそ幅87.8×奥行き210.8×高さ129.4mmで2.1kgとなる。

 容量はStoreJet Cloud 210が8TB、StoreJet Cloud 110が4TB。その他の基本スペックは2モデルとも共通で、CPUがARM Cortex-A7 Dual-Core 1.1GHz、メモリーはDDR3 256MB。インターフェースはUSB 3.0、ギガビットLAN端子を1基ずつ備える。2ベイタイプのStoreJet Cloud 210は、RAID 1にのみ対応とのこと。

 今回が初展示とのことで、国内での発売日や価格は未定だ。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中