このページの本文へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」 ― 第110回

ダブルスが超たのしい!

白猫プロジェクトのテニスゲーム登場 今夏配信が待ちきれない

2016年05月19日 17時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ゲーム担当の人 ちゅーやんです。
 コロプラが本日19日に新作アプリ発表会を開催したので行ってきました。

「まさか、運動」の正体はまさかのテニス

 コロプラは「激突!! Jリーグ プニコンサッカー」「ドラゴンプロジェクト(2016年配信予定)」に続く3作目のiOS/Android向け新作アプリとして「白猫テニス」を発表しました。

 白猫テニスは、タイトル名からわかるようにコロプラの大人気タイトル「白猫プロジェクト」のスピンオフ作品。白猫プロジェクトでおなじみのキャラクターがテニスに挑戦。武器はもってません。みんなそろってテニスラケットをもちます。

 操作はコロプラおなじみの「ぷにコン」を使用。コート内を自由に動きまわり、タップでラケットを振って球を打ち返します。インパクトの瞬間にフリック操作をすると、ロブやスライスなどの打ち分けが可能。

ぷにコンは偉大です。スマホでのアクションゲームはぷにコンに限る

 基本ルールは一般的なテニスとおなじ。ラリーを続けることでゲージを溜めて発動する「スーパーショット」や試合中にキャラクターを替える「キャラクターチェンジ」というオリジナル要素を実装します。

試合中にキャラクターを変更できるのは白猫テニス独自かな
手前が自分のキャラ。キャラの周囲の白い枠内にボールがきたらタップで返球
スーパーショット発動時はカットインが入ります

白猫同様の要素だけでなく、対人戦という新境地も

 キャラクターの育成は、こちらも白猫プロジェクト同様に「タウン」による施設の建設。キャラクターのレベルアップも「ルーン」を使用。ゲーム全体の操作感が白猫プロジェクト同様なので、すでにプレイ経験のある人ならすぐに白猫テニスも遊べそうです。

白猫プロジェクトがそっくりそのままテニスゲームになったイメージ
おなじみのソウルボード

 また、白猫テニスならではの要素として「対人戦要素」が盛り込まれています。テニスゲームということで、シングルスとダブルスが実装。1対1や2対2で対戦ができ、最大4人プレイが可能です。近くにいる友達やランダムマッチングが実装予定。マッチング方法も白猫プロジェクトよろしく5ケタの数字を入力するだけ。電卓力が試されます。

本編にはなかった白猫テニス独自の対人戦要素

 ランダムマッチングに関しては、ゲーム内で「タワー」というものがあり、同じ階層にいるプレイヤーとマッチングする仕組み。階層は試合の勝敗で上下に変動。つまり、同じ階層にいるプレイヤーは同程度の実力。タワーという名を冠していますが、厳密にはレーティングマッチといったところでしょうか。

リリース時は100階層まで用意するとのこと
ダブルスのチーム分けは部屋の入室順で決まるようです。

 肝心のキャラクターについては、白猫プロジェクトから「主人公」「アイリス」といった主要メンバーに加え「マール」「カスミ」「フラン」そして「ミラ様」たちが登場。テニスをするということで、若干投身などが変更されています。

マールもかわいいけど、やっぱりミラ様だよな! な?

浅井P「“白猫”そのものをもっと広めていきたい」

 白猫テニスを制作したきっかけは「白猫に新たな一歩を踏み出して欲しかったから。白猫の魅力を生かして楽しめるスポーツを考えたところ、ふと思い浮かんだのがテニス。現在のアプリ市場ではテニスのビッグタイトルがないので、新たな道を切りひらきたかった」と浅井プロデューサー。

白猫プロジェクトプロデューサー 浅井P。登場時からこの格好です

 また、レアガチャやギアガチャ(白猫プロジェクト内の“武器ガチャ”に相当するモノ)が主な課金要素。ギアとは、ラケットやシューズのこと。各キャラクターに装備させて能力値を上昇させるようです。

ユニフォーム姿のアイリスもかわいいなぁ

 ひとり用モードではCPUと練習できる「ツアー」を実装。ただ、メインコンテンツは対人戦という印象。対人戦をプレイすれば勝敗関わらず、キャラクターの成長に使用するルーンを獲得できます。ちなみに、スタミナ要素はありません。

 筆者も先行で体験プレイをしましたが、白猫プロジェクト経験者ならすぐにのめり込める操作感と世界観。あとダブルスが予想以上におもしろい。超おもしろい。あと、マールかわいい。けどミラ様のほうが好き。配信楽しみですわ!

浅井P(左)と本作プロデューサー福P(右)
画面は開発中のため、変更になる可能性があります

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社