このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

4万円アンダーのホームユース最新NAS選び ― 第2回

高性能プロセッサーを搭載した4万円アンダーNASをチェックする!

2016年05月19日 10時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回は3万円台の2ベイNASキット4モデルを紹介しよう

内蔵プロセッサーに
Celeronを採用した高機能モデルもある

 第1回は2万円台のNASキットを紹介した。第2回の今回は3万円台の2ベイNASキット4モデルを紹介していこう。

 3万円以下の製品との最大の違いは内蔵プロセッサーとハードウェアトランスコードサポートの有無だ。とくにプロセッサーにインテルのCeleron系を採用する製品がある点に注目だ。

デュアルコアCeleron採用で
DTCP-IPに対応したASUSTOR「AS3102T」

プロセッサーにインテルのCeleron N3050を採用したASUSTOR「AS3102T」

 1台目のNASキットは、ASUSTOR「AS3102T」だ。ARM系プロセッサーを内蔵した「AS1002T」より7000円高くなるが、プロセッサーには2コア、定格1.6GHz動作のインテル「Celeron N3050」を採用。

 PC自作ユーザーにはおなじみだが、インテル製CPUの多くはグラフィックス機能や強力な動画再生支援機能を内蔵している。「AS3102T」は、そんなインテル製CPUが備える機能を使うことで、HDMI出力や4K映像再生、高速なトランスコードなどが可能になっている。

 アプリの「sMedio DTCP Move」によりDTCP-IPへ対応するほか、高速なトランスコードを可能にするASUSTOR独自開発のHyper-Transcoding技術に対応。HDMI出力端子も装備しているので、リビングのテレビ横に置いてマルチメディアプレイヤーとしても使える。

 そのほかホームユースではあまり必要性は高くないが、ハードウェア暗号化エンジンを搭載している。ホームとビジネスユースの両方で使える考えていた人は注目だろう。

USB 3.0ポートやHDMI出力端子が増えているが、基本構造は「AS1002T」と同じで、背面に電源スイッチなどを備える
内部構造も「AS1002T」と同じで、HDDは簡単に取り付け可能になっている
ASUSTOR「AS3102T」スペック表
CPU Intel Celeron Dual-Core 1.6GHz(ブースト2.16GHz)
メモリー 2GB
LAN Gigabit LAN×1
USB フロント USB 3.0×1、リアUSB 3.0×2
HDMI出力端子 搭載
ハードウェア
トランスコード
対応
DTCP-IP 対応(sMedio DTCP Move)
寸法 102(W)×218(D)×165(H)mm
実売価格 3万円前後
製品情報URL https://www.asustor.com/product?p_id=44&lan=jpn

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中