このページの本文へ

「AVR-X2300W」「AVR-X1300W」

デノン、6万円台からの入門2機種、Atmos&DTS:X対応

2016年05月17日 10時00分更新

文● 小林 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デノンは5月17日、Dolby Atmos対応の7.2ch AVアンプ「AVR-X2300W」「AVR-X1300W」を発表した。DTS:Xにも無償アップデートで対応する予定。6月中旬に販売を開始する。価格は9万1800円と6万2100円。

AVR-X2300W
AVR-X2300Wの背面
AVR-X1300W
AVR-X1300Wの背面

 出力はX2300Wが185W、X1300Wが175W。パワーアンプはそれぞれ7chぶん内蔵している。サラウンドバックを使用する一般的な7.2ch構成以外に、トップ/ハイト/イネーブルスピーカーなどを用いる5.1.2ch構成にも対応。HDMI入力はX2300Wが8系統(出力は2系統)、X1300Wが6系統(出力は1系統)持つ。

 4K映像の著作権技術HDCP 2.2に対応するほか、HDRやBT.2020のパススルー出力が可能。

 X2300W/X1300Wは、Hi-FiコンポやハイエンドAVアンプの開発でデノンが培ったディスクリート・パワーアンプ、ダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクションなどの技術/ノウハウを継承。

 最新世代の192kHz/24bit D/Aコンバーターを採用。また、ネットワーク経由で新たに5.6MHz DSD再生が可能になった。1万μFの大容量カスタムコンデンサー、デジタル回路用電源の高速化、AVR-X7200WAと同様のデュアルトランジスタ(AVR-X2300Wのみ)、高音質オペアンプによってクラスを超えた高音質を実現しているといるとする。インターネットラジオ、AirPlay、Bluetoothなどにも対応する。Wi-Fi機能は5GHz帯のIEEE 802.11nに対応。ワイドFMにも対応する。

端子類(X2300W)
7chのディスクリートパワーアンプを内蔵
AVR-X2300Wの内部

 本体サイズはX2300Wが幅434×奥行き339×167㎜、重量は9.4kg。X1300Wが幅434×奥行き339×高さ151mm、重量は8.5㎏。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン