このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第457回

猫宅訪問! いきなり隠れるハチワレ猫の「のえる」くん

2016年05月13日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左のきれいなハチワレが「のえる」くん。右にいるのはノエルのコピーロボットで鼻を押すと……ということはありません。たぶん(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)
左のきれいなハチワレが「のえる」くん。右にいるのはノエルのコピーロボットで鼻を押すと……ということはありません。たぶん(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)

 久しぶりに「猫宅訪問」シリーズ。

 GWを利用してきれいなハチワレ猫「のえる」くんを撮影に行ってきたのである。

 約束の時間にS女史宅を訪れると開口一番「うちの子が行方不明なの」「えーっ」。

 どうやら、今日は家の中を撮影されるから片付けなきゃ、と朝から掃除していたら、ただならぬ気配を感じた猫が隠れちゃったらしい。ああ、そういうもんだよねえ。うちでも客がくるからと掃除してたり、泊まりがけで出かけるからとバタバタしてると猫は敏感に察するもの。

 さすが猫。

 で、隠れてるとこを発見されました。

飼い主の様子がヘンだ、ってんでじっと隠れてたのえる。見つかっちゃいました(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)
飼い主の様子がヘンだ、ってんでじっと隠れてたのえる。見つかっちゃいました(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)

 このおうちでも猫が一番偉いので、猫ハウスが家中に作られてるのであるが、そのひとつ、冬あたたかな部屋に隠れてじーっと外をうかがっていたのである。ああ、思い切り警戒しておりますな。申し訳ない。でも撮る。

 ヤバい、見つかった。次の隠れ家へうつらなければ、ってんで階段を上がっていくのえる。猫は階段が大好物なわけで、楽しそうに上がっていくのである。

階段を上っていこうとするのえる。こうしてみると階段の1段って猫から見るとけっこう高いのだが、猫なのでこのくらいは気にしないのであった(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)
階段を上がっていこうとするのえる。こうしてみると階段の1段って猫から見るとけっこう高いのだが、猫なのでこのくらいは気にしないのであった(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)

 そーっと追いかけてみると、2Fにも段ボールの猫ハウスが!

 そこにいたかー。

2Fの猫部屋の奥に隠れてたのえる。階段をそっと上がっていったら、いきなり目が合ったのだった。驚かしてすまんな(2016年4月 ニコン D600)
2Fの猫部屋の奥に隠れてたのえる。階段をそっと上がっていったら、いきなり目が合ったのだった。驚かしてすまんな(2016年4月 ニコン D600)

 というわけで、このきれいなハチワレの猫は四国生まれの「のえる」くん。S女史がクリスマスの夜に拾ったんだそうな。

 母猫と3匹の子猫が鳴いてて、見るに見かねて一番弱ってた子を引き取り、育て、東京へやって来て、今は一軒家で縦横無尽である。

 なかなか出てきてくれないので、そっくりのぬいぐるみでちょっかい(冒頭写真)。そしたら尻尾に食いついてくれた!

コピーロボット(ちがう)の尻尾に喰いつくのえるでありました。遊んでるときの猫は真剣で面白い(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)
コピーロボット(ちがう)の尻尾に喰いつくのえるでありました。遊んでるときの猫は真剣で面白い(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)

 しばらく遊んでたら慣れてきたのか、しょうがないなあと出てきてくれたのである。ありがとう。

 せっかく出てきてくれたので顔のアップを。鼻の頭がちょっと黒くてかわいい。

ちなみに、こういう模様の猫をハチワレという。「八の字に割れてるから」ではなくて、鉢が割れたようということで「鉢割れ」(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)
ちなみに、こういう模様の猫をハチワレという。「八の字に割れてるから」ではなくて、鉢が割れたようということで「鉢割れ」(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART