「AMD Wraith Cooler」が使えるMini-ITXマザーがASRockから

文●山県 編集●北村/ASCII.jp

2016年04月30日 23時47分

 ASRockから、A88Xチップセットを採用したSocket FM2+対応のMini-ITXマザーボード「A88M-ITX/ac R2.0」が発売された。AMDの新型リテールクーラー「Wraith Cooler」を搭載できるのがウリだ。

 「Wraith Cooler」といえば、3月に発売されたAPU最上位モデル「A10-7890K」に付属するなど、最近のAMD製CPU/APUに同梱される新型のCPUクーラーだ。

 冷却性能や静音性は高いものの、Mini-ITXサイズのマザーボードで使用した場合、多くの製品でメモリーや拡張スロットと干渉するという問題があった。

 そこで「A88M-ITX/ac R2.0」では、スロットの配置を調整。「Wraith Cooler」を問題なく搭載できるとしている。

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1で、メモリーはDDR3 DIMM×2(DDR3-2400/2133/1866/1600/1333、32GBまで)。オンボードインターフェースには、8chサウンド、ギガビットイーサネット、Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac + Bluetooth v4.0、SATA3.0×6、USB 3.0×4などを搭載。

 グラフィック出力にはHDMI、DualLink-DVI-D、D-Subが用意される。価格は以下の通り。

価格ショップ
「A88M-ITX/ac R2.0」
¥10,994パソコンショップアーク
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥11,210BUY MORE秋葉原本店

【関連サイト】

【取材協力】

■関連記事