「Raspberry Pi 2」利用の自作IoT体験キットに第2弾が登場

文●山県 編集●北村/ASCII.jp

2016年04月30日 23時25分

 名刺サイズの小型LinuxボートPC「Raspberry Pi 2」を使った玄人志向製の自作IoT(Internet of Things)体験キットの第2弾製品「KURO-IOTEXP/Z01」がパソコンショップアークで販売中だ。

 「KURO-IOTEXP/Z01」は、同梱のセンサーをスイッチにしてカメラを駆動。WIFIでメール送信させる監視カメラを作成できる自作IoTスターターキット。第1弾「KURO-IOTEXP/KIT」は1月に発売済みだ。

 今回も「Raspberry Pi 2 Model B」や専用ケース、ケーブル類、MicroSD(8GB)といったマイコンボード関連や、超音波測距/赤外線人感センサーや赤外線カメラモジュールといったデバイス関連、GPIOエクステンションボードやジャンパーワイヤ各種、オーム抵抗など組み立ての必要なパーツが一式セットになっている。

 工作の手順や動作させるためのプログラムを紹介した「玄人指南書」が付属する点は従来通り。組み立てにはドライバー以外の工具を必要としないがLinuxの知識が必要な点も変わらない。

 価格は2万1384円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

■関連記事