このページの本文へ

車に積める折りたたみ電動バイク「UPQ BIKE me01」夏に登場

2016年04月21日 19時00分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「UPQ BIKE me01」
UPQ中澤社長による試乗の様子

 UPQが今夏に発売予定の電動バイク「UPQ BIKE me01」は、1回の充電あたり約35kmの走行が可能な電動バイク。今夏発売予定で価格は13万7160円。公道での運転には原付免許が必要だ。約35kmの走行にかかる電気代は約9円。車体重量は18kgで、折り畳むとクルマのトランクにも収納できる。

折り畳んでクルマのトランクに収納できる

 充電式のリチウムイオンバッテリー(36V/316.8Wh)は取り外し可能で、予備の純正バッテリー(3万7260円)と充電器(パワーアダプター、1万8144円)をラインアップ。充電時間は約3.5時間で、本体メーターの下部に1A出力のUSB給電端子も用意される。なお、メーター部のボタンを押して4段のシフトチェンジが可能だが、変速ボタンは走行開始時のスピード(やトルク)を調整するためで、ミッション自体は一般的なスクーターと同じく無段階のオートマチックだ。

パッシブキーエントリー機能を搭載

 「UPQ BIKE me01」はキーを持ってバイクに近づくだけで走行可能状態になるパッシブキーエントリー機能を搭載している。耐荷重に関してUPQ代表取締役の中澤優子氏は「100キロ前後で、115キロまでを想定している」とコメント。 販売形態に関しては「UPQは通販が中心だが、UPQ BIKEは整備や安全面などを考えてバイク専門店で取り扱うことを想定している」(中澤氏)。

1A給電可能なUSB端子を搭載

 「UPQ BIKE me01」を試乗したところ、さすがに本体が約18キロと軽く前後12インチ(315mm)という小さいタイヤ径もあってか、発進直後はやや姿勢がふらついた。ハンドル操作も非常に軽いため、小半径の旋回走行などは少し慣れるまでに時間が必要という印象。ただし、ある程度まで速度が乗ると直進走行は安定した。ブレーキは前後とも機械式のディスクで、フロントのみサスを搭載する。

 販売形態に関して、中澤氏は「UPQは通販が中心だが、整備や安全面などを考えてバイク専門店で取り扱うことを想定している」とコメント。

 あわせて「UPQ BIKE me01」に装着できる4K撮影可能な防水アクションカム「Q-camera WPX2」も発表された。ソニー製センサーを搭載し、ハウジングなしで10m防水を実現している。価格は1万7820円。

「Q-camera WPX2」は6月発売予定

 中澤社長は電動バイク発売の経緯に関して「UPQは家電ベンチャーだからこれをつくっちゃダメ、という制限をかけずに電気が通っているさまざまなモノを作っている」とコメント。今後はスマホやテレビ、カメラなどのほか、電動バイクなど「だんだんUPQがやりたいと思っていること」を見せていきたいと語った。

「UPQ BIKE me01」の主なスペック
メーカー UPQ
サイズ 約1220×610×985mm(ミラー含まず)
シート高 約760mm
軸間距離 約870mm
最低地上高 約140mm
車体重量 約18kg
走行距離 約35km(25km/h定地走行テスト値)
定格出力 0.24kW
バッテリー電圧・容量 36V/16.8Wh
充電時間 約3.5時間
タイヤサイズ 前後輪315mm
ブレーキ 前後ディスク式

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社