このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

13.3型モバイルノート「dynabook RX73」は256GB SSDモデルが登場

dynaPadにLTE対応モデル登場! 東芝がノートPC2016年夏モデル発表

2016年04月14日 12時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynaPad N72/V」

 東芝は4月14日、ノートパソコンの2016年夏モデルを発表した。ラインアップは、17.3型の「dynabook T67/V」、15.6型の「dynabook T95/V」「dynabook T75/V」「dynabook T55/V」「dynabook T45/V」、13.3型の「dynabook RX73/V」、12型の「dynaPad N72/V」、11.6型の「dynabook N51/V」。4月22日より販売開始予定。

12型デタッチャブルノートパソコン「dynaPad N72」に
LTE対応モデルが追加

 ディスプレー部が着脱可能な12型デタッチャブルノートパソコン「dynaPad N72」の2016年夏モデルは、従来モデル「dynaPad N72/TG」と比べて、新たにLTE対応モデル「dynaPad N72/VGP」が追加された。近接無線転送技術「TransferJet」は非搭載となる。LTE非対応でTransferJet搭載の「dynaPad N72/VGQ」も用意している。

 両機種とも、従来モデルと比較してキーボードのデザインを変更。ゴールド×ホワイトのツートンカラーとなっている。また、新たにOffice Home and Business Premium(2016)プラス Office 365 サービスを標準搭載する(従来モデルはOffice Home and Business Premium(2013)プラス Office 365 サービスを搭載)。

 両機種の主なスペックは、Atom x5-Z8300(1.44GHz)、4GBメモリー、128GB フラッシュメモリーという構成だ。ディスプレーは12型で、解像度は1920×1280ドット。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。価格は、dynaPad N72/VGPが15万円台半ば、dynaPad N72/VGQが14万円前後。

dynaPad2016年夏モデルの主なスペック
機種名 dynaPad N72/VGP dynaPad N72/VGQ
CPU Atom x5-Z8300(1.44GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
メモリー 4GB
ストレージ 128GB フラッシュメモリー
ディスプレー 12型(1920×1280ドット)
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
LTE/3G
TrasferJet
光学式ドライブ
インターフェース microUSB 2.0端子×2、microHDMI端子×1
サイズ およそ幅299.4×奥行203.0×高さ14.9mm(キーボードドッグ使用時)
重量 約999g 約990g
Office Office Home and Business Premium(2016)プラス Office 365 サービス(PowerPoint 2016搭載)
OS Windows 10 Home(64bit)

13.3型モバイルノート「dynabook RX73/V」は
新たに256GB SSD搭載モデルを追加

「dynabook RX73/V」

 13.3型モバイルノートパソコン2016年夏モデルのdynabook RX73/Vは、従来モデルと比較して、256GB SSD搭載モデルを追加するほか、カラバリ「グラファイトブラック」が選択できるようになった。また、Core i5搭載モデルは、光学式ドライブをBlu-ray Discドライブに変更し、指紋認証機能も追加する。また、新たにOffice Home and Business Premium(2016)プラス Office 365 サービスを標準搭載する。

 Core i5-6200U(2.3GHz)搭載モデルは、4GBメモリー、256GB SSDもしくは1TB ハイブリッドHDDという構成だ。ディスプレーは13.3型で、解像度は1920×1080ドット。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。Blu-ray Discドライブを内蔵する。価格は、256GB SSD搭載モデルが20万円台半ば、1TB ハイブリッドHDD搭載モデルが19万円台半ば。

 Core i3-6100U(2.3GHz)搭載モデルは、4GBメモリー、1TB HDDという構成だ。ディスプレーは13.3型で、解像度は1920×1080ドット。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。DVDスーパーマルチドライブを内蔵する。価格は17万円台前半。

dynabook RX73/Vの主なスペック
機種名 dynabook RX73/VWR dynabook RX73/VBR dynabook RX73/VWP dynabook RX73/VBP dynabook RX73/VWQ dynabook RX73/VBQ
カラー プラチナホワイト グラファイトブラック プラチナホワイト グラファイトブラック プラチナホワイト グラファイトブラック
CPU Core i5-6200U(2.3GHz) Core i5-6200U(2.3GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
メモリー 4GB
ストレージ 256GB SSD 1TB ハイブリッドHDD 1TB HDD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
光学式ドライブ Blu-ray Discドライブ DVDスーパーマルチドライブ
インターフェース USB 3.0端子×3、HDMI出力端子×1、ミニD-sub 15ピン×1、マイク/ヘッドフォン出力端子×1、SDカードスロット×1
内蔵カメラ 約92万画素ウェブカメラ
サイズ およそ幅316.0×奥行229.0×高さ21.4mm
重さ 約1.35kg 約1.32kg 約1.44kg 約1.41kg 約1.44kg 約1.41kg
Office Office Home and Business Premium(2016)プラス Office 365 サービス
OS Windows 10 Home(64bit)

大画面17.3型ノートパソコン「dynabook T67/V」

「dynabook T67/V」

 17.3型ノートパソコンの2016年夏モデル「dynabook T67/V」は、従来モデル「dynabook T67/U」と比較して新たにOffice Home and Business Premium(2016)プラス Office 365 サービスを標準搭載する点以外に、スペックや筐体の変更点はない。

 主なスペックは、Core i5-6200U(2.3GHz)、4GBメモリー、1TB HDDという構成だ。ディスプレーは17.3型で、解像度は1920×1080ドット。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。Blu-ray Discドライブを内蔵する。価格は20万円前後。

dynabook T67/Vの主なスペック
機種名 dynabook T67/V
CPU Core i5-6200U(2.3GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
メモリー 4GB
ストレージ 1TB HDD
ディスプレー 17.3型(1920×1080ドット)
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
光学式ドライブ Blu-ray Discドライブ
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、HDMI出力端子×1、ヘッドセット/ヘッドフォン端子×1、SDカードスロットなど
内蔵カメラ 約92万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅412.7×奥行279.4×高さ26.5mm/約2.9kg
Office Office Home and Business Premium(2016)プラス Office 365 サービス
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー