このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2015年CPUクーラー最強王座決定戦(小型&薄型タイプ編) ― 第2回

小型&薄型タイプのCPUクーラー9製品を見極める!【第2回】

2016年03月23日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1回目のコンパクトサイドフロー型に続いて、高さを抑えたロープロファイルタイプのCPUクーラーの冷却性能を比較していこう。

2015年に発売された小型&ロープロファイルのCPUクーラー最強王座を決める! 第2回はロープロクーラー編だ

高さを抑えたロープロファイル6製品をテスト

 全高27.4mmの極薄タイプから、ロープロファイルタイプながら120mmファンを採用するタイプまで、2015年に登場した6製品がエントリー。

 CPUクーラーの冷却性能はヒートシンクの表面積が影響するため、高さ(サイズ)を抑えたタイプはかなり不利になるが、第1回目と同じ環境、計測条件でテストを行なっている。

テスト環境
CPU Intel「Core i7-6700K」
(4GHz/TB時4.2GHz、4コア/8スレッド)
マザーボード ASUS「Z170M-PLUS」(Intel Z170 Express)
メモリー G.Skill「F4-3000C15Q-32GRK」(PC4-24000)
グラフィックス Intel HD Graphics 530(i7-67600K内蔵)
SSD Samsung「MZ-V5P512B」(950 PRO、512GB)
電源ユニット Seasonic「SS-750KM」(750W/80PLUS GOLD)
OS Windows 10 Pro(64ビット)

1Uやブックタイプに最適な
全高27.4mmのEVERCOOL「HPS-810CP」

 ロープロファイルCPUクーラー1製品目は、EVERCOOLから登場している全高を27.4mmに抑えた「HPS-810CP」だ。

 Mini-ITXよりも薄いThin Mini-ITXケースや1Uラックマウントサーバー向けの極薄CPUクーラーだが、メーカーサイトでは、TDP 95Wまで対応がうたわれいるので、「Core i7-6700K」やAMD APUでも使用可能だ。

  • 対応ソケット:LGA775/115×/1366、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2/FM2+
  • 寸法/重量:92.3(W)×87.5(D)×27.4(H)mm/約260g(ファン含み)
  • ファンサイズ:80mm
  • ファン回転数:1500rpm~4000rpm(±10%)
  • 風量:12.99~34.65CFM
  • ノイズ:16.2~37.5dBA
  • 実売価格:3300円前後
  • 製品情報URL:http://www.ainex.jp/products/hps-810cp.htm

 「HPS-810CP」は、6mm径×2本の銅製ヒートパイプとダイレクトタッチ仕様の受熱ベース、80mmファンで構成。凹形状のヒートシンクに80mmファンが埋まっている極薄CPUクーラーではおなじみと言えるデザインになっている。

 肝心な冷却性能は、ヒートシンクサイズなりで、テスト中の最高温度は101度と使用しては絶対ダメな温度に……。ファン回転数はCPU負荷がかかって1分後には、ほぼ全力回転状態に。それでも90度前後を維持するのがやっとという状態。

 数少ない全高30mmアンダーのCPUクーラーだが、どうしても必要場合かつ低消費電力CPUのみで使用しよう。

 なお、最大温度が100度を越えた時点で、「OCCT Perestroika 4.4.1」のモニタリングが正常にできない状態になってしまったため、テスト7分経過後あたりからOCCTテスト中の温度推移は横ばいになっているが、「HWiNFO64」のモニタリングでは、ちゃんと変動している。

Core i7-6700K 定格クロック/アイドル時
  CPU温度
(平均)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
  26 ℃ 27.3 ℃/26 ℃ 27 ℃ 32 ℃ 1656 rpm 41.8 dBA
TS15Aより -2 ℃ -0.2 ℃/±0 ℃ -2 ℃ -5 ℃ +644 rpm +7.3 dBA
Core i7-6700K 定格クロック/高負荷時
  CPU温度
(平均/最高)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
90.5 ℃/101 ℃ 39.8 ℃/39.0 ℃ 36 ℃ 43 ℃ 3760 rpm 50.6 dBA
TS15Aより +29.7 ℃/+24 ℃ +2.8 ℃/+3.7 ℃ -16 ℃ -4 ℃ +82 rpm -2 dBA
CPU:OCCTテスト中の温度推移。10分間のストレステストと5分間の待機状態

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社