このページの本文へ

【全力特集】4型のiPhone SE&9.7型iPad Proが登場! ― 第12回

細かなところがけっこう違う

「iPhone SE」と「iPhone 5s」のデザインは同じ?

2016年03月22日 16時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよ発表された「iPhone SE」ですが、一見すると、デザインが新色のローズゴールド以外「iPhone 5s」と非常によく似ています。

 が、まったく同じではないはず。違いを探してみました。まだ実機がないため、プレスリリースと公式写真から発見できた両機種のデザイン上の違いを紹介します。おおまかに分けて、3ヵ所見つかりました。

違いその1 「SE」のロゴ入り

 iPhone 5sの背面には「iPhone」と文字が入っていましたが、iPhone SEの背面には「iPhone SE」と入っています。また、公式の紹介文によると、「ビーズを吹き付けてサテンのような仕上げを持たせたアルミニウム」と表面処理にも触れられています。iPhone 5sまでの「酸化被膜処理をほどこしたアルミニウム」から若干の変更があるのかもしれません。実物を見てみないとわからない部分です。

違いその2 エッジの面取りがキラキラしていない

iPhone 5sのエッジ部分。iPhone SEはここがマットになっている。

 同じく公式サイトに「面取りしたマットなエッジ」と表記があります。iPhone 5s(とiPhone 5)は傾けるときらめく仕上げだったので、より落ち着いた印象に見えそうです。

 最近のiPadシリーズにも採用されている意匠ですが、iPhone 5発売時は、ここの塗装が剥げやすいとかで物議をかもした記憶があります。好みの分かれる部分でしょうか。

違いその3 背面のアップルロゴがステンレス

iPhone 6から採用されているステンレス製のアップルロゴ。

 ここはわかりにくいのですが、iPhone 5sまではアルミニウムの表面処理で光沢のある部分を作って、アップルロゴを表現していましたが、iPhone 6からはステンレス製の別パーツを内部からはめ込むことでアップルロゴを表現しています。iPhone SEもiPhone 6/6s同様、アップルロゴがステンレスになります。どの道ケースを付けてしまうと見えないのですが、そのまま使う場合はより高品位な印象に見える部分です。

iPhone 5sからiPhone SEへの乗り換えもアリ!

 いずれも細かな違いですが、並べて見比べてみると、印象は異なりそうです。スペックは2世代分進化しているのでもちろんパワーアップしていますが、デザインはまさに、iPhone 5sをベースにして磨きをかけたものだと言えそうですね。スペックだけでなく、見た目からも「新しいものを買った」という満足感は得られるのではないでしょうか。

  iPhone SE iPhone 6s iPhone 6s
Plus
iPhone 5s
容量 16/64GB 16/64/128GB 16/32/64GB
ディスプレー 4型液晶 4.7型液晶 5.5型液晶 4型液晶
画面解像度 1136×640
ドット
1334×750
ドット
1920×1080
ドット
1136×640
ドット
画素密度 326ppi 326ppi 401ppi 326ppi
コントラスト比 800:1 1400:1 1300:1 800:1
サイズ 58.6×123.8
×7.6mm
67.1×138.3
×7.1mm
77.9×158.2
×7.3mm
58.6×123.8
×7.6mm
重量 113g 143g 192g 112g
CPU Apple A9、M9 A7、M7
カメラ 12メガ/F値2.2 8メガ/F値2.2
インカメラ 1.2メガ
/F値2.4
5メガ/F値2.2 1.2メガ
動画撮影 4K/30fps、
HD(イン)
フルHD/30fps、
HD(イン)
指紋認証
販売キャリア ドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー
4G対応周波数
(ドコモ)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
/800MHz(19)
2.1GHz(1)
/1.8GHz(3)
/800MHz(19)
4G対応周波数
(au)
2.1GHz(1)/800MHz(18)
/WiMAX 2+(41)
2.1GHz(1)
/800MHz(18)
4G対応周波数
(SB)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
900MHz(8)/AXGP(41)
2.1GHz(1)
/1.8GHz(3)
900MHz(8)
VoLTE ×
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz)
802.11a/b/g/n
(2.4/5GHz)
SIMサイズ nanoSIM
コネクター Lightning
通話時間(3G) 14時間 14時間 24時間 10時間
連続待受時間 10日 10日 16日 250時間
ネット利用時間
(3G/LTE)
12時間
/13時間
10時間
/10時間
12時間
/12時間
8時間
/10時間
連続再生時間
(ビデオ/音楽)
13時間
/50時間
11時間
/50時間
14時間
/80時間
10時間
/40時間
カラバリ シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド シルバー、ゴールド、スペースグレイ

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】格安SIM&スマホを徹底解説

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください