このページの本文へ

【全力特集】4型のiPhone SE&9.7型iPad Proが登場! ― 第10回

サイズ、まったく同じ。使えます!

「iPhone SE」で「iPhone 5s」用のケースは使える?

2016年03月22日 14時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前からウワサされていた4インチの新型iPhone、「iPhone SE」が発表されました。

  プロセッサーが「A9」、コプロセッサーが「M9」になり、マシンパワーは「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」と同等。3D Touchには対応しないものの、使い慣れたサイズ感で最新のコンテンツを楽しみたいと思っていた読者には待望の新機種と言えるのではないでしょうか。

 ところで、デザインが「iPhone 5s」に非常に近く見えますよね。新色のロースゴールドが加わったり、「ビーズを吹き付けてサテンのような仕上げを持たせたアルミニウム」(アップル公式サイト)といった表記があるなど、ブラッシュアップが図られているようで、まったく同じではありませんが。iPhone 5sからの乗り換えを考えている方、ケースが流用できるのか気にならないですか? 以下にスペック表を掲載します。ついでにiPhone 6sとiPhone 6s Plusのスペックも載せます。

  iPhone SE iPhone 6s iPhone 6s
Plus
iPhone 5s
容量 16/64GB 16/64/128GB 16/32/64GB
ディスプレー 4型液晶 4.7型液晶 5.5型液晶 4型液晶
画面解像度 1136×640
ドット
1334×750
ドット
1920×1080
ドット
1136×640
ドット
画素密度 326ppi 326ppi 401ppi 326ppi
コントラスト比 800:1 1400:1 1300:1 800:1
サイズ 58.6×123.8
×7.6mm
67.1×138.3
×7.1mm
77.9×158.2
×7.3mm
58.6×123.8
×7.6mm
重量 113g 143g 192g 112g
CPU Apple A9、M9 A7、M7
カメラ 12メガ/F値2.2 8メガ/F値2.2
インカメラ 1.2メガ
/F値2.4
5メガ/F値2.2 1.2メガ
動画撮影 4K/30fps、
HD(イン)
フルHD/30fps、
HD(イン)
指紋認証
販売キャリア ドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー
4G対応周波数
(ドコモ)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
/800MHz(19)
2.1GHz(1)
/1.8GHz(3)
/800MHz(19)
4G対応周波数
(au)
2.1GHz(1)/800MHz(18)
/WiMAX 2+(41)
2.1GHz(1)
/800MHz(18)
4G対応周波数
(SB)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
900MHz(8)/AXGP(41)
2.1GHz(1)
/1.8GHz(3)
900MHz(8)
VoLTE ×
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz)
802.11a/b/g/n
(2.4/5GHz)
SIMサイズ nanoSIM
コネクター Lightning
通話時間(3G) 14時間 14時間 24時間 10時間
連続待受時間 10日 10日 16日 250時間
ネット利用時間
(3G/LTE)
12時間
/13時間
10時間
/10時間
12時間
/12時間
8時間
/10時間
連続再生時間
(ビデオ/音楽)
13時間
/50時間
11時間
/50時間
14時間
/80時間
10時間
/40時間
カラバリ シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド シルバー、ゴールド、スペースグレイ

 iPhone 5sのサイズは58.6×123.8×7.6mm、iPhone SEのサイズも58.6×123.8×7.6mm。小数点以下まで同じです。iPhone SEでiPhone 5s用のケース、使えます。

 ちなみに、iPhone SEの発売に合わせてケース類などを発売するエレコムのプレスリリースを確認してみると、iPhone 5s用ケースがiPhone SEに流用できることを確認できます。

 念のため、実機ですべてチェックしたわけではないので、例外がまったくないとは言い切れないことだけはご留意ください。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中