このページの本文へ

閲覧用アカウントを上限なく利用可能に

サイト分析ツール「Dot metrix」、チーム共有機能を追加

2016年03月18日 10時30分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オプトインキュベートとイロドリは3月18日、無料で簡単に使えるKPI自動レコメンド型サイト分析ツール「Dot metrix(ドットメトリックス)」にて、分析結果をチームで簡単に共有できる新機能を提供開始した。

Topページ訪問数のグラフ画面

 Dot metrixは、スタートアップ、ベンチャー、中小企業向けに開発されたサイト分析ツール。「無料で利用可能」「簡単に導入可能」「シンプルで使いやすいUI」「サービスに合ったKPIをを網羅的に事前提案」「注力すべきKPIを自動レコメンド」という5つの特徴を備え、「導入しても何のKPIを見ていいかわからない」「導入や使いこなすまでが大変」といった企業の課題を解決するという。

 今回、要望の多かった「Dot metrixの分析結果をチームで共有したい」という声に応え、 「閲覧権限のみのアカウント」を追加できるようにした。この機能によって、編集権限を持ったアカウントを複数人で使い回すことなく、また、分析結果を別途帳票にまとめ直して共有することなく、セキュアに分析結果を共有することが可能となった。

 アカウントの追加上限数はなく、無料でいくつでも利用可能。共有したいユーザーに管理画面からメール送信するだけで追加でき、セキュアに分析結果を共有できるという。

権限管理画面

 今後の展開としては、2016年2月に追加実装した「Googleアナリティクスとの連携機能」に多くの反響を得て、現在までに利用社数1400件を超えたという。直近の目標としては、導入企業の満足度を高めるべく、既存価値である「サービスに合ったKPIの事前設定」の量と質、「注目すべきKPIを自動レコメンド」の精度を高めることに注力し、利用企業のサービス成長のためのKPI可視化を実現する。その後は見える化したサービスの課題に対し、施策を打てる「施策ソリューション機能」を追加するとしている。最新情報はFacebook公式ページにて順次公開する予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
ピックアップ