このページの本文へ

専用端末の購入が不要に

ワンセグ8ch全録「ガラポンTV」に月額980円の新プラン

2016年03月17日 10時30分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネット家電ベンチャーのガラポンは3月16日、ワンセグ8ch全番組録画機「ガラポンTV」の新提供形態「ガラポンTVプレミアムプラス」の提供を始めた。

 ガラポンTVは、自宅に専用端末を設置することで、8ch分のテレビ番組(ワンセグ)を24時間×最大120日間全録できるサービス。録画したテレビ番組はiOS、Android、PCからインターネット経由でストリーミング視聴(オフライン視聴にも対応)できる。

 しかし、「ワンセグ全番組録画機」であり「視聴はスマホやPCに特化」という一風変わった製品なので、購入前にはデータ量が軽いワンセグを採用していることに起因する画質への不安、設置に関する不安、「そもそもテレビをあまり見ないけれど自分の生活に必要だろうか?」という不安の声が多かったという。これまではこのような不安を自ら乗り越え、3万6500円(税別)で専用端末を購入しなければならなかった。

 この不安を解消するのがプレミアムプラスの狙い。専用端末が無償レンタルとなり、月額980円(税別)の費用負担のみで、専用端末購入代金を負担することなくガラポンTVが使えるプラン。「最低契約期間」「契約期間の縛り」「解約違約金」は存在せず、プレミアムプラス契約期間中、回数無制限の故障無償修理保証まで付いてくる。

 今後、まずはプレミアムプラス単独で、1年以内に1万契約達成をめざす。ガラポンTVの売切型もこれまでどおり販売を継続する。

カテゴリートップへ

ピックアップ