このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ ― 第101回

違いは明らかなのか

「ペヨング ソースやきそば」発売 「ペヤング」と食べ比べる

2016年03月15日 18時00分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ペヤング ソースやきそば」の姉妹品が登場

 まるか食品は「ペヤング ソースやきそば」の姉妹品となる「ペヨング ソースやきそば」を、3月14日から東北、関東、静岡、甲信越、中京、北陸で発売した。なお、関西、中四国、山陰、九州では3月28日から発売となる。

 ペヨングはペヤングから麺をおよそ10グラム減らし、ソースの味も変更した製品。価格はファミリーマートで128円だった。ちなみにペヤングは172円。

「ペヨング ソースやきそば」。一見するとペヤングの模倣品に見えるが、まるか食品から出ている製品であり、ジョークグッズの類でもない

 外観はヨコ型のデザインとなっている。兄貴分のペヤングはタテ型であり、差別化を図ったのかもしれない。

「ペヨング」と「ペヤング」を並べてみる
側面のデザインも違う

 色使いや文字のサイズなどは、同じメーカーなので当然といえば当然だが、似ている。しかし、標準栄養成分表を見れば違いは明確だ。ペヤングは120gで544kcalなのに対し、ペヨングは106gで456kcalと、はっきりした差がある。

ペヨングは106g、456kcal
ペヤングは120g、544kcal

 包装をはがしてみると、味の決め手になるソースには「Peyong」という表記があることに気付く。同じく同梱されているかやく、ふりかけ・スパイスはペヤングと同じようなので、おそらくはソースが味の違いになるのだろう。

ソースには「Peyong」の表記が。これが味の違いに繋がるのか!?
ちなみにかやくとふりかけ・スパイスはペヤングと同じだった
小さくてわかりにくいが、左上と右下の「☆」に注目。「☆」がペヤング(左)、「★」がペヨング(右)
できあがりは……ペヤングとの違いがわからなーい!

 さっそく作ってみたものの、見た目はもう慣れ親しんだペヤング ソースやきそばにしか見えない。写真では伝わらないが、匂いも同じ気がする。これは食べてみないとわからないと察し、実食に移る。

さっそく食べてみる筆者

 違いがわからなかったらどうしようと内心心配していたが、味は確かに異なり、むしろ驚いた。ペヤングが「濃い目・甘め」のソースだとしたら、ペヨングは「やや薄め・やや甘め」といったところか。甘みが若干おさえられた分、酸味が少し出てくる感じの風味になっている。

 ペヤングを食べ慣れている人なら、「ん、ちょっと違うな」と感じられるレベルではないだろうか。もっとも麺のモゴモゴした食感(褒めてます)とジャンキーな味付けは健在で、まるか食品の味付けに対する姿勢は一貫しているようだ。

 とはいえ、あらかじめペヨングだと知っていたから、味の違いに気付いたと思い込んでいるだけかもしれない……と不安になる筆者。そこで、編集部の若手を集めてテストしてみることにした。はたしてアスキー編集部はペヨングとペヤングの違いに気づくのか?

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社