このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

週間リスキー ― 第41回

隠しスマホにTHETAのリモコン……使い道は意外とある?

「iPhone SE」の半分? 極小Androidスマホ「Micro X S240」レビュー&日本語化:週間リスキー

2016年03月15日 14時00分更新

文● ACCN

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

※週間リスキーはアックン・オッペンハイマーとやんちゃデジタルKidsたちがテクノロジーとサブカルチャーの交差点からお届けする極めてマニアックなコーナーであり、フツーに生活するぶんにはまったく必要のない情報を扱っております。ご注意ください

 MWC会場で発見し、すっかり惚れ込んでしまったPoshの2.4型極小スマホ「Micro X S240」。セカイモンで取り寄せたのが届きましたので、改めて細部をチェックしてまいりたく思います。フツーに小型のスマホが欲しいという方は、Appleの次の発表会を待ちましょうね。

 あまり深く考えずポチってのですが、到着したのはちゃんと4G版でした。まずは開封の儀といきましょう。

開封の儀……iPhoneとも比べてみましょう

パッケージ。「iPhone 5c」っぽいカンジ
裏。スペックが記載されています
パッケージをiPhone 6sシリーズと並べてみました。深い意味は……
梱包内容。ケーブル類は仕切りもなくグシャッとワイルドに放り込まれておりました。いいのよ
バッテリーは取り外せるのですが、コレもビニール袋とかに入っておらず、ゴロンと。いいのよ。容量は650mAh

 まずは、ご一緒にその極小っぷりを堪能いたしましょう。ホント、かわいいんです。

「手のひらサイズ」というコトバはおもに4インチ以下のスマホに用いられますが、2.4インチのこの子は握ってほとんど隠れちゃうほど
しつこいですが、比較三原則に基づき6sシリーズと並べます
厚みはそこそこ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART