このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第448回

16年前から知っている猫スポットで大工事開始……猫たちはどこに?

2016年03月11日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
雑草ベッドで気持ちよく寝てたハチワレ猫。カメラの気配で起こしちゃったのか、大あくびをして、そのあとまた昼寝に戻ったのであった(2016年3月 オリンパス OM-D E-M1)
雑草ベッドで気持ちよく寝てたハチワレ猫。カメラの気配で起こしちゃったのか、大あくびをして、そのあとまた昼寝に戻ったのであった(2016年3月 オリンパス OM-D E-M1)

 猫好きなら誰しもお気に入りの猫スポット、あるいは猫だまりを持っているわけであるが、それは永遠ではないわけで、地域猫としてしっかり管理されていればそこの猫は去勢されており、外猫なので事故や病気の可能性は室内飼い猫に比べるとはるかに高い。

 最もよく通ってて、猫ボランティアさんとも顔見知りになった近所の公園も、いつしか猫が事故や病気で亡くなり、老猫が里親さんに引き取られたりして、多いときは10匹以上いたのに今は1~2匹になってしまったりする。

 それはもう、摂理ということで嘆いたり悲しんだりする筋合いのものではないのである。

 そんなここに行けば猫に会えるスポットのひとつである広い河原を久しぶりに訪れたら、なんと大工事の真っ最中ではないか。

 猫はどうしてるかしら、と探してみると、さすが猫ですな。

 工事がはじまろうがフェンスで仕切られようが、立ち入り禁止なのは人間だけですがな、と言わんばかり、いやむしろ、工事の人以外は出入りしないのをいいことに、枯葉のベッドでお昼寝しておりました。

見ての通り工事用フェンスで人が入れないので猫的には安心できる場所。隠れようともせず、枯葉ベッドのど真ん中で気持ちよさそうに寝ているのであった。工事現場だというのがわかるよう、わざとフェンスをいれて撮影(2016年3月 オリンパス OM-D E-M1)
見ての通り工事用フェンスで人が入れないので猫的には安心できる場所。隠れようともせず、枯葉ベッドのど真ん中で気持ちよさそうに寝ているのであった。工事現場だというのがわかるよう、わざとフェンスをいれて撮影(2016年3月 オリンパス OM-D E-M1)

 帰宅して古い写真をあさってみると、最初にここで猫を撮ったのが、20世紀最後の年、2000年の5月。カメラはソニーの「Cyber-shot F55V」。

 そのときの写真は2015年12月のこの連載で復活させたので興味ある方はそちらをご覧ください。

 同じ場所の話なのだ。

 2015年12月から3ヵ月しかたってないのだけど、大工事でこの川原の光景が一変しそうなので、再度ネタにさせてもらうのである。

 この川原の様子がもうちょっと分かりやすい写真があるといいなと探したら、2005年の3月(ちょうど11年前)に撮ったものが出てきた。もちろん、猫が写ってる写真である。  カメラは昔懐かしき、三洋電機の「Xacti C5」。

 昭和の中頃は行楽客で賑わっていたのであろうお店がいくつか川原に並んでおり、その前にちょこんと座ってたのである。

 猫の何匹かはこのお店の人が飼っていたようだ。

11年前の河川敷。生きているのか廃墟なのかわからない(ちなみにこのときは廃墟ではありませんでした。ときどき店を開けることもあったし)建物が3軒並んだ河川敷に猫が3匹(実は3匹写ってるのだ)。ここは自販機もあり、サイクリングする人のよい休憩スポットでもあったのだ(2005年3月 サンヨー Xacti DMX-C5)
11年前の河川敷。生きているのか廃墟なのかわからない(ちなみにこのときは廃墟ではありませんでした。ときどき店を開けることもあったし)建物が3軒並んだ河川敷に猫が3匹(実は3匹写ってるのだ)。ここは自販機もあり、サイクリングする人のよい休憩スポットでもあったのだ(2005年3月 サンヨー Xacti DMX-C5)

 このずらりと並んだ廃な感じの建物も無人となり、河川敷の大工事がはじまり、やがて壊されるのだ。先ほどの枯葉ベッド猫は「ことぶき」と書いてあるお店の奥あたり。そこは一足先に更地になってるのである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART