このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

HP ENVY17 - 17.3型で14万9800円から、i7-6700HQ+GTX 950M内蔵の“美しい”モンスター

2016年03月28日 11時00分更新

文● 山口優、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本HPの17.3型ハイエンドノート「HP ENVY17-r000」。 Core i7-6700HQやNVIDIA GeForce GTX 950Mを搭載し、最新3Dゲームや動画編集を快適にこなせる高い性能を実現。しかもストレージには256GB SSD(SATA M.2接続)+1TB HDDだ

 日本HPから17.3型ハイエンドノート「HP ENVY17-r000」が登場した。アルミ合金を使用したシルバー基調の洗練されたボディに、第6世代のインテル Core i7-6700HQやNVIDIA GeForce GTX 950Mを搭載し、最新3Dゲームや動画編集を快適にこなせる高い性能を実現しているのが特長。しかもストレージには256GB SSD(SATA M.2接続)+1TB HDDを採用と充実している。「HP ENVY17-r000 高速デュアルディスクモデル(インテル RealSense)」では、顔認証やジェスチャー操作などが可能な点もポイントだろう。

 さらに驚かされるのが、これだけの高い性能を誇りながら「HP ENVY17-r000」はHP Directplus直販価格14万9800円(税別)からと性能と価格のバランスが取れている点だ。

 今回は、インテル RealSenseを搭載した「HP ENVY17-r000」の実機をいち早く試すことができたので、その特長や実際の使用感などを紹介していこう。

細部まで妥協のない高性能ノート「HP ENVY17」

 日本HPの「ENVY」は、同社の個人向けPCの上位ブランドに当たるシリーズ。その中でも最大の17.3型ワイドの液晶ディスプレーを搭載したモデルが、「HP ENVY17-r000」だ。

 上位ブランドだけあって、「HP ENVY17-r000」のデザインの美しさ、ボディの質感のよさはかなりのもの。トップカバーと底面にはアルミ合金を使用しており、金属ならではの上品な輝きと触ったときの重厚さがある。また、キーボード面は黒とシルバーが基調で、パームレストなどキーボード周辺部にはウッドテイストのテクスチャがあしらわれている。ちなみに、このテクスチャは「HP Imprint」(インプリント)と呼ばれるHP独自の転写技術を使用してつけられており、一般的なPCの塗装に比べて傷に強く美しい状態を長期間保つことが可能だ。

トップカバーはアルミ合金を採用しており、金属ならではの上質な手触り
凹凸の少ないフラットな底面。アルミ合金が使用されており、質感が良い

 キーボードはバックライト付きで、キーピッチ、キーストロークともに余裕のあるつくり。面白いのは、標準タイプキー部分の四隅にあるキーとテンキー部分の四隅にあるキーの角が丸まっており、キー全体を見るとふたつのラウンド矩形が並んでいるように見える点。これにより、標準タイプキーとテンキー部分の区別がつけやすくなっている。細かいことだが、HPのユーザー主体のデザインへのこだわりを感じさせるところだ。

パームレストなどキーボード周辺部にはウッドテイストのテクスチャがあしらわれている
キーボードは一般的なノートでは省略されがちなテンキーが搭載されている
キーボードはバックライト内蔵。暗所でキーの文字が光る

 本体の質量は約3kgあり手に持つとずっしりとした重みを感じるが、17.3型というサイズを考えれば、持ち運びが前提というよりも、据え置きでじっくり使いたい方に向いている。最薄部は23.5mm(最厚部は32.8mm)とこのサイズのノートとしてはスリムで、天面も底面も凹凸の少ないフラットな形状のため、未使用時は棚の隙間などにスマートにしまっておくことができる。

 CPUはインテルの第6世代Coreプロセッサー、4コア/8スレッドのCore i7-6700HQ(2.6GHz/ターボ・ブースト時最大3.5GHz)を搭載する。グラフィックスはMaxwellアーキテクチャのNVIDIA GeForce GTX 950M(4GB)を装備。このGeForce GTX 950MはGTX 900Mシリーズの中ではエントリー/ミドルモデルにあたり、ビデオメモリーは2GBのことが多いが、「HP ENVY17」の場合は4GBのビデオメモリーを備えている。

 またストレージとして256GB SSDと1TB HDDの両方を搭載している点も特技津すべき長所だろう。SSDによって、ノート自体が高速に起動するうえキビキビと動作し、1TB HDD側には写真やムービー、音楽データなど非常に多くの大容量データを保存できる。

 SSDだけのノートでは、利用しているうちにデータの保存場所に困るようになり、HDDのみの製品では起動スピードなど速度で不満を持ちやすい。しかし、「HP ENVY17-r000」では、SSDとHDD両方を搭載しているおかげで、それぞれのメリットだけを享受できるのだ。

17.3型IPSならではの大迫力&美麗画面!
非光沢パネルでビジネスにも”使える”

 液晶ディスプレーは、すでに触れたようにフルHD(1920×1080ドット)表示対応の17.3型だ。数ある15型ノートに比べてサイズが大きい分、動画を視聴する際や迫力ゲームで遊ぶ際のどちらでも迫力がある。Bang & Olufsen共同開発によるサウンドシステム採用した、4基の高音質スピーカーとサブウーファー(後述)のおかげでもあって、17.3型サイズによるインパクトはなかなかのものだ。

 また非光沢IPSパネルで視野角が広いため、ななめから見ても色の変化が少なくとても見やすい。色再現性や階調表現力も高く、高解像度の動画や写真の鮮やかな原色や微妙なグラデーションもオリジナルに忠実に美しく再現される。

 非光沢タイプであるおかげで、ワープロソフトや表計算ソフトの文字や数値を視認しやすく疲れにくいため、ビジネス用途で長時間作業するという場合でも効率を上げやすいだろう。

液晶ディスプレーは17.3型で非光沢タイプ。解像度はフルHD(1920×1080ドット)となっている。IPSパネルのため視野角が広く、色再現性も高い

USB 3.0端子×4、HDMI端子などインターフェースも充実

 インターフェースは、USB 3.0端子×4、HDMI端子、有線LAN端子(1000BASE-T)、ヘッドホン出力・マイク入力兼用端子、SD/SDHC/SDXC対応カードスロットという構成。USB 3.0端子のうち1ポートは電源オフUSBチャージ機能をサポートしている。このほかBDドライブを標準で搭載しており、BD/DVDコンテンツや音楽CDなどを楽しむことも可能だ。

本体左側面には、セキュリティロックケーブル用スロット、USB 3.0端子×2、ヘッドホン出力・マイク入力兼用端子
BDドライブは、本体左側面に搭載
本体右側面には、SD/SDHC/SDXC対応カードスロット、USB 3.0端子(電源オフUSBチャージ機能対応)、USB 3.0端子、HDMI端子、有線LAN端子(1000BASE-T)、電源コネクターが搭載されている

インテルRealSenseカメラ非搭載の旧モデル(HP ENVY 17-n100)も販売中

前へ 1 2 3 4 次へ