このページの本文へ

iOS 9からは6ケタがデフォルトに。英数字の組み合わせもできます!

iPhoneのパスコードで最強のセキュリティーを作ってみよう!

2016年03月23日 18時00分更新

文● つばさ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回は、iPhoneのパスコードロックを長くしてセキュリティーを強化する方法を紹介します

 こんにちは、つばさです。

 指紋認証で端末にログインができる「Touch ID」が導入されてからは、以前よりも活躍の機会が減ったパスコードロックですが、きちんと設定していますか? iOS 9からはデフォルトが6ケタになり、iOS 8までの4ケタよりもセキュリティーが強化されていますが、今回はさらにわかりにくく強力なパスコードに変更する方法を紹介します。

 「設定」から「Touch ID」とパスコードと進み、「パスコードを変更」をタップします。

 これまでのパスコードの入力を求められるので、入力しましょう。「パスコードを変更」をタップします。

「設定」から「Touch IDとパスコード」と進み、「パスコードを変更」をタップ!

 iOS 9にアップデートしていて、4ケタのパスコードを使っている場合は、6ケタのパスコードを入力するように求められますが、今回は「パスコードオプション」をタップ。ポップアップする3つのメニューの中から、「カスタムの英数字コード」をタップします。

パスコードオプションをタップしましょう。ポップアップするメニューから、「カスタムの英数字コード」を選択。

 任意のケタ数のエイジと数字の組み合わせをパスコードとして設定できるようになります。なお、「カスタムの数字コード」は任意のケタ数の数字をパスコードとして設定するメニュー。セキュリティーの面から見てあまりオススメはできませんが、これを応用して、「1」や「4」など、ひとケタの数字をパスコードに設定することも可能です。

任意のケタ数の英数字がパスコードとして使えます。
※このTipsはiOS 9.3で検証しました。

■まとめて読みたい方はこちら


■つばさが紹介したiPhoneテクニックが動画になりました

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中