このページの本文へ

仮想ブラウザでLGWAN内から安全にWeb閲覧「IIJ GIOセキュアブラウジングサービス」

IIJ、地方自治体向けにクラウド型セキュアWeb閲覧サービス

2016年03月08日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は3月7日、地方自治体向けのクラウド型セキュリティサービス「IIJ GIOセキュアブラウジングサービス」を発表した。仮想ブラウザ技術を用いることで、総務省が導入を進める「自治体情報セキュリティクラウド」環境下においても、安全なWeb閲覧が可能になる。

地方自治体向けに提供される「IIJ GIOセキュアブラウジングサービス」の概要

 総務省では、地方自治体における情報セキュリティ対策の抜本的強化策として、自治体間の専用ネットワーク(LGWAN)とインターネット接続系のネットワークを分離する「自治体情報システム強靭性向上モデル」や、都道府県ごとにインターネット接続口を集約してセキュリティの集中監視を行う「自治体情報セキュリティクラウド」の導入を推進している。

 IIJ GIOセキュアブラウジングサービスでは、Webアクセスのための仮想ブラウザ環境をクラウド型で提供する。Web閲覧時、プログラム実行やデータ保存はこの仮想環境上で実行され、ユーザーの端末にはブラウザ画面だけが転送されるため、ユーザーはインターネット用の別端末を用意することなく、マルウェア侵入などのリスクを排除した安全なWeb閲覧ができる。

 また、Webサイト上のファイルを端末にダウンロードする場合に備え、LGWAN/インターネット環境間で安全にファイルの受け渡しができる「ファイル交換機能」も提供する。仮想環境にダウンロードされたファイルはいったんサンドボックス上で実行され、不審な振る舞いをしないファイルだけが「ファイル交換サーバー」経由で端末にダウンロードできる仕組み。なおこの際、管理者の承認を求める機能も提供される。

 さらに、クラウド型メールセキュリティサービス「IIJセキュアMXサービス(メールボックスプラスオプション)」を組み合わせることで、LGWAN内からでもWebメールがセキュアに利用可能になる。

 IIJでは同サービスの営業活動を4月より開始し、11月よりサービス提供を開始する予定としている。

カテゴリートップへ

ピックアップ