このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

モバイルバッテリー、イヤフォン、ホテルルーター……この春に一新しよう!

そのスマホ周辺機器、買い替えどきですよ? オススメはココにあります!

2016年03月15日 11時00分更新

文● 飯島範久 撮影●篠原孝志(パシャ) 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホ周辺機器買い替え隊の面々。左から筆者いーじま、編集部ナカムラとニシマキ

「旧型をいつまで使い続ける気?」
買い替え候補をオススメしたい編集部員が集まった

 新生活が始まるこの季節。あまたあるスマホ周辺機器のなかから、どれを買ったらいいのか悩む人も多いだろう。そこで3月某日、編集部員のナカムラとニシマキ、そしてライターのいーじまは、“買い替え隊”として会議室に集合。最新スマホに合ったお役立ち周辺機器をピックアップし、としてそれぞれオススメを紹介することとなった。

筆者いーじま。基本的に自宅作業中心だが、クルマとスマホの周辺機器には一家言ある

いーじま スマホの周辺機器って意外と長持ちするから、スマホの新調と同時に買い換えることってあまりないよねぇ。

ナカムラ 確かに、ケースや保護フィルムといったアクセサリーはすぐに買うけど、なかなかそっちまで頭がまわらないですよね。

ニシマキ 僕らはいろいろ触っているから、持っていると便利なものってある程度わかるじゃないですか。でも普通は、周辺機器を大量に試す機会なんてないから、意外な便利さとか進化具合を知ることもなく、結果、買い換えないのかもしれませんよ。

いーじま そうかもね。そんななかでもみんなが持っていそうなのは、モバイルバッテリーかな。昔は容量が少ないのにサイズは大きかったりしていたけど、いまはかなり改善されてきたから、最新製品の購入を強くオススメしたい。

ニシマキ 結構、大容量に人気が集まるけど、何台もスマホとかタブレットを持ち歩いている人は少ないと思うから、容量より使い勝手やカバンへの収まり具合を重視して選んだほうがいいと思うんですよね。

モバイルバッテリーは容量から機能で選ぶ時代に

編集ナカムラ。「スマホはWi-Fi環境で使うもの」と熱く語るインドア派

ナカムラ 友達に複数持っている人なんていないですよ。編集部の周りの人がちょっとおかしいぐらい。

いーじま 旅行とかで便利なのが「DE-MB1L-3220」だね。容量は3200mAhだけど、コンセントプラグがついていて、そのまま差し込んで充電できるし、ACアダプターとして給電もできる。寝ている間に、モバイルバッテリーもスマホも充電完了できる便利ものだ。

ナカムラ モバイルバッテリーを充電するのにACアダプターとかパソコンが要らないところがポイントですね。

ニシマキ バッテリー容量が4段階のLED表示になっているのも◎。どのくらい残っているかわからないと不安じゃないですか。

いーじま 出張で使うようなホテルのシングルルームはコンセントも限られているし、こういう機能性の高いモノを1つ持っておくといいと思うんだ。

編集ニシマキ。イヤホンやフィットネスバンドなど“身に着けるモノ”にコダワリあり

ニシマキ 充電機能を持つ周辺機器はコードにもこだわりたい。2Aに対応したコードでないと、急速充電できないことがあるんですよね。

ナカムラ 普通のコードじゃダメなの?

ニシマキ 安いコードだと対応してなかったり、データ通信できなかったり、所定の値に達していなかったりと色々残念なことが多いんだよね。

いーじま パッケージをよーーーく読んでしっかり見極めないと、買ったあとに「ダメだった」ということになって、かなり落ち込むんだよ。

ニシマキ この「MPA-DAMB2U」は、USB AとmicroUSBのコードで、USB A端子は両面挿し可能だから、差し込むとき迷わずに済むのがいいんです。

ナカムラ コードが短いけど、ほかの長さもあるの?

ニシマキ これは20cmで、80cmと1.2mの3タイプあるから好きな長さを買うといいよ。

ナカムラ 寝るときとかコンセントから充電しながら操作したいときがあるから、私は長めなものが欲しいかも。

各製品のピックアップポイント その1

モバイルバッテリー「DE-MB1L-3220」シリーズ

 コンセントプラグを備えたモバイルバッテリー。コンセントに挿せばAC充電器として2Aの出力で充電し、同時にバッテリーもチャージ。モバイルバッテリー時は最大1.5A出力でスマホなどを充電可能。AC充電器としてスマホをチャージしている際は、まずスマホをフル充電したあと、内蔵のバッテリーを充電するので、スマホをすぐ使いたいときも安心。色はブラックとグリーン、ホワイトの3種。サイズは約幅69×奥行き74×高さ25mm、重量は約130g。

モバイルバッテリー「DE-MB1L-3220」シリーズは手のひらサイズ

いーじま'sチェック

 「外出が多い人間にとって、モバイルバッテリーをどう充電するかは悩みどころ。パソコンのUSB端子経由だと結構時間が掛かるし、AC充電器だと別途持ち歩かなきゃならないから面倒。その点、コレは一体型なので、旅行時などはとても重宝する。コンセントプラグが本体内に収納されて邪魔にならないのもいい」

USBの口にスマホなどを挿してコンセントに差し込んでおくと、スマホを優先的に充電。その後内蔵のバッテリーをチャージする
モバイルバッテリー時は1.5Aなので急速充電ではないが、iPhone 6sなら約2.5時間で満充電にできる

超急速充電「MPA-DAMB2UBK」シリーズ

 電圧降下を最小限に抑えた設計で、2Aの急速充電に対応したUSBコード。USB Aコネクターは、表裏を気にすることなく挿せる両面対応タイプ。もう一方はmicroUSBでデータ通信も可能。コードの長さは20cm、80cm、1.2mの3タイプ。

超急速充電「MPA-DAMB2UBK」。microUSBタイプで、USB Aコネクター側は表裏関係なく挿せるタイプ

ニシマキ'sチェック

 「急速充電したいなら、コードにもこだわらないと。2Aまで対応してUSBコネクターは両挿し対応だから、この手のコードは何本持っていてもいい。というか、カバンの中、家、会社、あらゆる場所に常備しておきたい。いざというとき必ず役立つんだから」

USBコネクターが表裏どちらで挿し込んでもOKだから、差込口の形状を気にせず利用できる

前へ 1 2 3 次へ

エレコム公式FBページ

プレスリリース