このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第447回

ニコンの高級コンデジ「DL」に触発されて……Nikon 1で猫撮影!

2016年03月04日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
遠くに白黒ハチワレ猫がいたので、呼んだらこっちに来てくれてしまったので慌てて撮影。ちゃんと顔にピントが合ってくれてうれしい。AFが遅いカメラだと間に合わないことがあるのだ(2016年3月 ニコン Nikon 1 V3)
遠くに白黒ハチワレ猫がいたので、呼んだらこっちに来てくれてしまったので慌てて撮影。ちゃんと顔にピントが合ってくれてうれしい。AFが遅いカメラだと間に合わないことがあるのだ(2016年3月 ニコン Nikon 1 V3)

 先日、年に一度のカメラの祭典「CP+2016」がありまして、私が真っ先に取材したのがニコンの「DL」。6月発売予定(だからまだ3ヵ月先だ)のコンパクトカメラだが、どうしても聞いておきたいことがあったのだ。

ニコンの高級コンデジ「DL」シリーズ。3機種発表されたが、写真は「DL18-50 f/1.8-2.8」 ニコンの高級コンデジ「DL」シリーズ。3機種発表されたが、写真は「DL18-50 f/1.8-2.8」

 このカメラ、1型センサーを搭載したハイエンド機である。タッチパネルもついてるしモニターも可動式。

 気になったのは、カメラの中身だ。ニコンは「Nikon 1」という1型センサーのミラーレス一眼を出しているのだが、これがAFが超高速で連写が超速くて、こちらに歩いてくる猫の顔にピントを合わせ続けてくれる快適なカメラなのである。

 DLもNikon 1並の速さなのか、それとも他社の1型センサーハイエンドコンパクト機と同等なのか、それを尋ねたかったのだ。

 そしたら、Nikon 1並です、とのこと。おおお。

 発売はまだ先だけど、猫撮影によさそうではないか。

 で、「そういえばNikon 1を持ってるのに最近あまり使ってなかったな」と思い、望遠ズームレンズを装着して猫を撮りに行ってきたのである。

これが2014年に発売された「Nikon 1 V3」。レンズが赤いのは、中古カメラ屋でたまたまこのレンズが出てたから、つい面白くて買ってしまったのだ。単体売りはしておらず、かつてNikon 1の赤モデルのレンズキットに付属してたのみというレアなレンズ これが2014年に発売された「Nikon 1 V3」。レンズが赤いのは、中古カメラ屋でたまたまこのレンズが出てたから、つい面白くて買ってしまったのだ。単体売りはしておらず、かつてNikon 1の赤モデルのレンズキットに付属してたのみというレアなレンズ

 冒頭写真は遠くから歩いてくる猫を撮ったもの。こっちに向かってきてるのにちゃんと顔にピントが合ってる。晴天下だと超強力な猫撮りカメラなのだ。

 ボディーもレンズもコンパクトなので久々に持ち出すと軽快で楽しい。

 猫が急に近寄ってきて慌てて撮っても、ちゃんとピントが間に合ってるのはたまらん。

望遠で狙ってたらこっちにすすっと寄ってきたので慌てて撮影。ちゃんと撮れててえらいもんである(2016年3月 ニコン Nikon 1 V3)
望遠で狙ってたらこっちにすすっと寄ってきたので慌てて撮影。ちゃんと撮れててえらいもんである(2016年3月 ニコン Nikon 1 V3)

 今回は望遠ズームしか付けていかなかったので、寄ってこられるとちとヤバかったのだ。

 モニターが開くので猫目線の這いつくばり撮影も簡単。

お約束の猫目線アングルで。左手にフェンス、右手に建物の影という状況の中、猫が日向でこっちを見てくれる瞬間をじっと待って撮影。ふさふさしてて暖かそうである(2016年3月 ニコン Nikon 1 V3)
お約束の猫目線アングルで。左手にフェンス、右手に建物の影という状況の中、猫が日向でこっちを見てくれる瞬間をじっと待って撮影。ふさふさしてて暖かそうである(2016年3月 ニコン Nikon 1 V3)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART