このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

2015年CPUクーラー最強王座決定戦(全高130mm以上編) ― 第3回

最強を見極める! 2015年CPUクーラー王座決定戦【第3回】

2016年03月02日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎年恒例の「CPUクーラー最強王座決定戦」。2015年版は、昨年発売された数多くの空冷CPUクーラーを2つのグループに分類。まずは、全高130mm以上の8製品の冷却性能を比較する。

最強を見極める!
2015年CPUクーラー王座決定戦【第3回】

 2回にわたってお伝えしてきた全高130mm以上のCPUクーラー7製品+インテル製LGA 1151向けCPUクーラーによる王座決定戦。最終回となる今回は、エントリーした8製品のCPU温度や各部温度、騒音値をグラフ化。2015年版の王座にふさわしい空冷CPUクーラーを見極めていこう。

 なお、グラフは数値の低い順(メモリーはDIMM1を基準)で、同じ数値の場合は安価なほうを上にしている。テスト環境や温度などの計測条件は以下の通りだ。

テスト環境
CPU Intel「Core i7-6700K」
(4GHz/TB時4.2GHz、4コア/8スレッド)
マザーボード ASUS「Z170M-PLUS」(Intel Z170 Express)
メモリー G.Skill「F4-3000C15Q-32GRK」(PC4-24000)
グラフィックス Intel HD Graphics 530(i7-67600K内蔵)
SSD Samsung「MZ-V5P512B」(950 PRO、512GB)
電源ユニット Seasonic「SS-750KM」(750W/80PLUS GOLD)
OS Windows 10 Pro(64ビット)

計測箇所

  • CPU温度(アイドル、平均、最高)
  • VRM温度
  • メモリー温度(DIMM1、DIMM3)
  • M.2 SSD温度
  • ファン回転数
  • 騒音値

 「Core i7-6700K」は定格動作に加えて、倍率を42倍、コア電圧を1.35V、省電力機能をオフに設定し、オールコア4.2GHzで動作させたオーバークロックも行なっている。

 さらに、負荷テスト中にCPU温度が急上昇し、ファン回転数がアップするため、ファン回転数をオーバークロック時の平均回転数にファンコントローラーで調節した状態も計測している。

 「アイドル時」は、OS起動後5分経過した時点。「高負荷時」は、「OCCT Perestroika 4.4.1」の「CPU:OCCT」テストを10分間(待機時間、開始時1分間、終了後4分間の計15分間)実行した際としている。

 なお、CPU温度はテスト中の最高だけでなく、テスト開始から7分~9分間の平均をログから求めている。

計測条件

  • すべてバラック組み、マザーは水平に設置
  • 室温22度前後
  • 暗騒音32~33dBA
  • 騒音値はCPU位置からIOポート方向(マザーボードのPCケース取り付け時の排気ファン方向)へ30cmの位置で計測
  • シリコングリスは熱伝導率8.5W/m・KのArctic Cooling「MX-4」に統一
  • CPU、メモリー、M.2 SSDの温度、ファン回転数は「HWiNFO64」で計測
  • VRMはヒートシンクにサーミスタ式温度計デジタル温度計を貼り付けて温度を計測

定格運用時のCPU温度

 まずはCPU定格運用時のCPUコア温度だ。アイドル時は、サイズ「忍者四」とENERMAX「ETS-T40F-W」がともに23度でトップ。

 「ETS-T40F-W」はデュアルファンなことを踏まえると、「忍者四」は効率良くCPUコアからヒートシンクへの熱移動、放熱ができていると言える。

 高負荷時はアイドル時25度のCRYORIG「H5 ULTIMATE」がトップ。最高温度は次点の「忍者四」からマイナス3度で、Intel「TS15A」からはマイナス14度と、かなり優秀な数値になっている。

定格運用時のCPU温度(単位:℃)
定格運用時のCPU温度(単位:℃)
定格運用時のCPU温度(単位:℃)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

【ニコ生】ほんとにあった真夏の心霊トーーーク

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中