このページの本文へ

遠隔ロックや各種制限など、社用ならではのセキュリティが充実

KDDI、国内初の法人向け4G LTEデバイス管理サービスを提供開始

2016年02月29日 16時18分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
KDDI Smart Mobile Safety Manager 4G LTEケータイプランの機能の一部。多彩なセキュリティ/管理機能が利用できる

 KDDIは2月29日、法人向けのデバイス管理サービス「KDDI Smart Mobile Safety Manager」に国内初となる4G LTEケータイプランを発表。3月1日より提供開始する。

 社用のケータイやスマホを管理するための法人ユーザー向けのサービスで、端末のロックや初期化を管理画面から行なえるほか、端末の位置情報取得、デバイス制限(カメラ制限やSDカード、Bluetooth/Wi-Fi制限など)などセキュリティ機能を提供する。また、アドレス帳のバックアップや管理などの機能も利用できる。

 価格は1台あたり100円/月(税別、通信費は別)。利用にあたっては「KDDIビジネスオンラインサポート」および「KDDI Business ID」の契約が必要。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART