このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

業界人の《ことば》から ― 第185回

PCの延長戦上にある製品

VAIOがゼロから作った「VAIO Phone Biz」が示す新たなPCの姿

2016年03月01日 09時00分更新

文● 大河原克行、編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のことば

 「VAIO Phone Biz は、VAIOがゼロから作った最初のスマートフォン。20年間蓄積したPCのノウハウを活用した、PCの延長線上の製品である」(VAIO・大田義実社長)

VAIOがゼロからスマホを作ると限りなくPCに近いスマホができる

 VAIOが、Windows 10 Mobileを搭載したスマートフォン「VAIO Phone Biz」を発表。4月から出荷を開始する。

 2015年2月に、日本通信との連携によって発表したVAIO Phoneが、海外ODMメーカーに設計、開発を委ねた製品となり、VAIOの「魂」を込められなかった反省があったのに対し、今回の製品は、VAIOが持つフィロソフィーを投入した、まさに「渾身」の新製品であるとの姿勢を打ち出している。

 VAIO・大田義実社長は、「VAIOがゼロから作った最初のスマートフォンがVAIO Phone Biz。VAIOがゼロからスマートフォンを作ると、こういうものができ上がるということを示せた」と自信をみせる。

 VAIOの特徴である「設計/製造技術」、「経験豊かな人材」、「ブランド」の3つの柱を生かして開発した製品だと強調してみせる。

 VAIO Phone Biz は、Windows 10 Mobileを搭載したスマートフォン。フルHD(1,080×1,920ドット)の5.5型ディスプレーを採用。SoCにはオクタコアのSnapdragon 617を採用し、3GBメモリーを搭載している。

 そして、同社では、「VAIO Phone Bizは、スマートフォンではあるが、PCの延長線上の製品」だと位置づける。「社内には、新たなPCの姿を作ってほしいといってきた。それがVAIO Phone Bizというカタチに集約した」とも語る。

 Office Mobileを搭載し、Continuumをサポートするという点でも、Windows 10の強みを生かしたものになっているほか、デザイン面でも、同社のフラッグシップモデルの一角を占めるVAIO Z Canvasをベースにデザイン。同社のPCと統一感を持たせた。アルミ削り出しの本体筐体は、約550gのアルミの板から、約40gまで削り出すというこだわりをみせている。

 「20年間蓄積してきたWindows搭載PCの開発ノウハウを活用した。これまでVAIOが発売してきたPCは、椅子に座って、操作することが基本であったが、VAIO Phone Bizは、持ち歩くPCという世界を確立するものになる」と、開発リソースの活用や、ユーザーへの用途提案という点でも、PCの延長線上の製品であることを示す。

 同社では、VAIO Zシリーズを頂点としたPC事業と、ロボティクス事業などによる新規事業という2つの事業体制を持つが、VAIO Phone Bizは、新規事業ではなく、PC事業のなかに含んでいる。ここにも、PCの延長線上としてとらえている姿勢が浮き彫りになる。

 「既存のPC領域の成長は難しい。だが、こうした新たなカタチのPCが成長製品として加わることで、PC事業全体が成長していくことになる」

 そこに、VAIOが作るスマホの特徴があるといっていいだろう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ