このページの本文へ

注目スマホが続々と発表! MWC 2016レポート ― 第19回

FREETELがMWCで金属筐体の新スマホ「SAMURAI REI」発表!

2016年02月22日 20時00分更新

文● 中山智 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

FREETELはスペイン・バルセロナで開催中の「MWC 2016」でミドルレンジの最新スマホ「SAMURAI REI」を発表、会場にブースを構えて端末展示も行なっている。

FREETELの最新ミドルレンジスマホ「SAMURAI REI」

 MWC会場で展示中の「SAMURAI REI」は、5.2型(1080×1920ドット)ディスプレーを搭載。CPUのモデルは非公開だがオクタコアとアナウンスされており、ミドルレンジながらコストパフォーマンスの高い製品となる。

本体背面にメタル素材を採用

 本体はメタル素材のフレームを用い、エッジの部分は切削加工されているなど、高級感のあるデザインがポイント。また、画面下部のホームボタンは指紋認証センサーにもなっており、ロック解除などに利用できる。

楕円形のホームボタンは指紋認証センサーにもなっているエッジもしっかりと加工されている
カメラ部分はやや出っ張りがあるサイズは非公表だが、かなり薄く軽い印象

 展示されていた「SAMURAI REI」はテストモデルで、搭載予定のAndroid 6.0ではなく、5.1となっていた。そのため、UIや機能、アプリなどは正式発表時には変わっている可能性がある。

USB端子は両挿しのType-Cではなく、一般的なmicroUSBを採用
「SAMURAI REI」の主なスペック
メーカー FREETEL
ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
CPU オクタコア
メモリー(RAM) 2GB
ストレージ(ROM) 32GB
ネットワーク 2G/3G/4G
カメラ 1300万画素
(インカメラ800万画素)
無線LAN 11a/b/g/n
OS Android 6.0
「iPhone 6s」との比較。持った感じはiPhoneよりも軽く薄い印象

 現地説明員によると、リリースは5月以降を予定しており、日本でも近いうちになんらかのアナウンスをするとこのこと。価格は未定だが、これまでの同社の価格設定から推測すると、かなり高コストパフォーマンスなモデルになるのではと思われる。日本での正式発表に期待したい。

昨年に引き続き、MWCに出展しているFREETELのブース

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART