このページの本文へ

注目スマホが続々と発表! MWC 2016レポート ― 第6回

【速報】Galaxy S7 edgeは5.5型 防水と超高性能カメラが最大の売り!

2016年02月22日 03時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サムスン電子は、22日(現地時間)から開催される「Mobile World Congress」に合わせて、「SAMSUNG Galaxy Unpacked 2015」と題した発表会を開催。その中で、同社フラグシップモデル「Galaxy S7」「Galaxy S7 edge」を発表した。グローバルでの発売は3月中旬を予定している。

 Galaxy Sシリーズには、昨年のS6で通常モデルと画面が湾曲したedgeモデルの2タイプが用意されているが、今年もその路線は継続。ただし、画面サイズは前者が5.1型、後者が5.5型と違いが生じている(画面解像度はともにWQHD・1440×2560ドットで、AMOLEDを採用する)。

 端末の一番の売りはカメラ。デジタル一眼で採用されている、1つの画素が2つのフォトダイオード(デュアルフォトダイオード)で構成される新型CMOSセンサーを搭載(画素数は 12メガ)。すべての画素で位相差センサーを実現することで、平均で約0.15秒という超高速AFを可能にしたという。

 レンズについてもF値1.7と非常に明るいほか、最近のスマホでネガティブに見られることが多い、カメラ部の出っ張りもGalaxy S6より大幅に抑えられている。

 また防水・防塵に対応しているのも大きな特徴。Galaxy S5で対応、Galaxy S6で非対応と来たが、今回はあらためて対応が行なわれている。また持ちやすさにもこだわり、背面に曲面が着けられたほか、Galaxy S6で弱点と言えたバッテリー容量についても、Galaxy S7 edgeでは3600mAhと大幅に大きくなっている。

 CPUは2016年最速クラスのSnapdragon 820(MSM8996)を採用し(地域によって2種類のCPUが用意される)、メインメモリーも4GB。もちろん指紋認証も従来どおりに搭載している。CPU性能についてはやはりゲーム、特にVRHMDの「Gear VR」の利用時に威力を発揮しそうだ。

 端末の詳細やスペックについては、随時更新予定。

  Galaxy S7 edge Galaxy S7 Galaxy S6 edge
SC-04G(参考)
ディスプレー 5.5型有機EL 5.1型有機EL 5.1型有機EL
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 72.6×150.9×7.7mm 69.6×142.4×7.9mm 70×142×7.0mm
重量 157g 152g 132g
CPU Snapdragon 820
(2.15GHz+1.6GHz、クアッドコア)
or オクタコア 2.3GHz+1.6GHz
Exynos 7
2.1GHz+1.5GHz
(オクタコア)
メモリー 4GB 3GB
外部メモリー microSDXC(最大200GB) ×
OS Android 6.0 Android 5.0
カメラ画素数 リア: 12メガ(Dual Pixel)/イン:5メガ リア:16メガ/イン:5メガ
バッテリー容量 3600mAh 3000mAh 2600mAh
防水/防塵 ○/○ ×/×
カラバリ   White Pearl、Black Sapphire、Gold Platinum、Blue Topaz

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART