このページの本文へ

ASCII STARTUP週末かわら版 ― 第13回

高齢者はSIMスロットでネットの恩恵を受けるか

2016年02月20日 07時00分更新

文● 大江戸スタートアップ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

編集部でのこぼれ話を中心に、この先のスタートアップ関連の動きをおさらい! 記事にする必要のない余計な情報、ウラ話を中心にゆる~くお届けします。

鈴木:インフルより復帰いたしました。

北島:おかえりなさいませ!

盛田:帰ってきた~。おつかれさまでした(謎)

鈴木:先週代理で出ていただいた、雪が降った日に雪遊びをしていて翌日からインフルで休んでいた大谷さんありがとうございました。

北島:本当に大谷さんにはがんばっていただいた。大サービスで助かりました。今週もネタあるのかちょっと不明だけど、ばりばりいきましょうか。

盛田:まずは渋谷モディですかね。期間限定Makuakeショップ開店中。

北島:なんかいい感じのショットを押さえていますね!

盛田:(黄色い声で)すご~い!宣材みた~い!!

北島:Makuakeの矢内さん(広報)にもらったわけではないんですね。

鈴木:これはどこで、いつまでやっているの??

盛田:渋谷モディっていって、タワレコのほうにいったところにあるビルの5Fに入ってるよ。話を聞くと、どうもヒカリエ対抗で作られたところっぽい。ちょっと大人向けというか。

北島:マルイシティ跡地にあるやつですね。地下には猿田彦珈琲入っていたりします。

盛田:Makuakeで出てたプロジェクトがその場でみられて、買えるようになってると。Qrio、光る升、ステッキ状のイス「SitPack」、水をはじくパーカー「ONE SWING PARKA」などなど。

北島:写真の右手奥にある、Atmoph Windowとか、現場で見るとなかなかにステキでしたよ。

鈴木:おおお、おしゃれ地帯に声の出る抱き枕が設置されているのかい?

盛田:そういえばなかったなあ。おしゃれ上級者向けすぎたのかな?(すっとぼけ)

SK

北島:そういえばあれもMakuakeだった……。手前のウィンドウには機楽のRAPIROとかKnotとかこれまでのクラウドファンディングで成功をおさめたアイテムはあったんだけどね。

盛田:MusioのMakuake限定バージョンとかかわいかったなー。こういうのいつかは飽きるだろうって思うんだけど欲しくなる。今後はお隣のショップでMakuakeの商品を扱えるようにしていきたいって話もあって、展開が楽しみな場所であります。

鈴木:見てすぐ買えるができると魅力的だね。今後もMakuake商品は増えると思うし、常設ショップとか卒業組の販売チャネルにいいかも。スタートアップさんがあまり得意でない部分だと思うし。

盛田:「情報感度が高い消費者が集まってまっせ」っていう象徴にもなるしね。この際ヒカリエさんもぜひ対抗していただきたいところです。D&DEPARTMENTの隣あたりいかがですかね。

高齢者にSIMスロットを……

北島:あと、先週はソニー・KADOKAWA・NEXTのアイデアソン行ってきました。ポータブル超単焦点プロジェクター「LSPX-P1」が素晴らしいと思いました。ほしい。

盛田:北島さん参加したのよね。どういうこと?

鈴木:取材だけでなく、アイデアソンの参加者としても行ったとかで!?

北島:参加者向けに各社のプレゼンタイムがあったんですが、その中で実際にソニーの新規事業開発チームが自社でやってるプロダクトの開発過程や解説をしてくれました。LSPX-P1のプレゼンもそこで。そのほか、Qrioの開発前のラフというかプロトタイピングモデル過程とかが見れました。記事に出せるのかはまったく未定ですが……。

盛田:書こう(提案)

鈴木:そもそもこのアイデアソンの目的やテーマはなんだったんですか?

北島:「暮しに役立つ新しいサービス」を検討というもの。これ、なかなか範囲広いんですよね。

盛田:「暮し」だもんな。松浦●太郎を発明すればいいのか。「怒ってばかりいませんか? 怒ったり文句ばかり言っていると、癖になってしまいます。やさしい気持ちを心がけましょう……」

北島:名言ですね。アイデアソン自体は、KADOKAWAの「レタスクラブ」や「毎日が発見」をソニーやNEXTのみなさんと一緒に見て、そこからわいわいアイデアを出し合った感じ。クッキングメニューや断捨離の一方で、認知症とか介護とかのキーワードが出ている現場でした。

盛田:まじめ!北島さんはどんなアイデア出したの?

北島:なかなか痛いところを……。そこは記事にできればしたいけど、どうかしら。

鈴木:高齢者にSIMスロットを……。

盛田:「老人Z」ですかね……。

北島:でも実際、そういう一見誰も触れない危ないネタのほうが、本当はスタートアップっぽいんじゃないかとアイデアソンを経て思いましたよ。個人的にも無難な提案になっていたと振り返って思ったり。アイデアソンには「狂気」があるべきなんじゃないかってところ。

盛田:北島さんの闇が出てきた。

■関連記事

鈴木:昨年取材した、RT.ワークスの河野社長(1955生まれ、元ソニーのコンピューター技術者)は「高齢者はネットの恩恵受けてない」とおっしゃっていて、バリバリ通信とつなげてからサービスをといってたのが、おもしろかったなぁ。

盛田:へええ~。これおもしろそう。

北島:「まごチャンネル」の評価が高いのも、そういうところがありそうですね。どうやって高齢者に向けたネットワークデバイスを作るのかがポイントだと。

鈴木:これからの時代は、とりあえず今必要でなくても通信機能を付けておいてあとから……と。

北島:「SIMの刺さる○○」にASCIIとしては今後も期待し続けます。

スタートアップ創業期に何を乗り越えたか

鈴木:本当に1週間休んでしまい、ネタがなく。今週はリアクションに徹しました。

北島:来週には忘れてはいけないイベントがありますね。まだ席数に若干の余裕があるので、ご応募大歓迎です。

鈴木:創業期のスタートアップのためのイベントを開催します。集まれ、若い起業家! これから起業を目指す人も大歓迎。

北島:営業・広報・バックオフィスとニッチなテーマ群ですが、語っていただくみなさんはプロフェッショナルばかりなので、余談も含めて楽しめるかと。

■関連記事

盛田:アスキーはじまって以来の堅い話題ですね。

鈴木:スタートアップの創業期に躓きやすいところを乗り越え方々が語る、形を変えた「失○力カンファレンス」。

盛田:言っちゃってるじゃないか……。

北島:ダイレクトマーケティングはこの辺にして、そのほか直近の予定を教えてください。

盛田:2月19日に、宮城県丸森町がドローンの取り組みについて説明会開くんだよね~。あれすごく気になってます。ちょっと予定合わないっぽいのが切ない。

北島:「ドローンイノベーション応援宣言」、気になります。攻める地方ってイメージでいいですね。

盛田:ざっくりドローン飛ばし放題の場所が広がる話。すごく楽しそうじゃないですかこれ。

鈴木:わたくしは19日、“THE BRIDGE Fes”に行ってきます。そして来週はイベントが盛りだくさん。23日はAR/VRのNEDOピッチに。ってか、2月26日かぶりすぎだよ、おい。この業界だいじょうぶか? まず“新事業創造カンファレンス&Connect!”と”SENSORS IGNITION 2016”がかぶっているとか。ほかにも誘われているイベントあったりでお断りしたものも数件……。

北島:鈴木さんのスケジュールを見ると、やばいのがわかりました。あとは来週のネタかもだけど、27日は愛媛に行けばいいんですよね?

鈴木:Startup Japan Tour 2015 in 愛媛ですね。いまサイト見たら、3月12日が北海道で決まってました。

北島:日程出ましたね。地方の動き、がりがり追っていきましょう。ちなみに私、来週はメドレー(医療)、インターステラ(ロケット)の取材してきます。お楽しみに。

●今週の一言
盛田:アリのチャーハンを食べました。
鈴木:マスク、手洗い、うがい、気を付けていてもインフルはくる!
北島:抗体弱っている気がします。気をつけれるのかこれ。

左から北島幹雄、盛田諒、ガチ鈴木

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ