このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

大谷イビサのクラウドコミュニティな日々 ― 第3回

大会委員長の「顔抜きスト」赤塚さんと語る

開催迫る!クラウドのお祭り「JAWS DAYS 2016」の見どころを聞く

2016年02月22日 10時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今年も年に一度のクラウドのお祭り「JAWS DAYS 2016」の季節がやってきた!3月12日(土)にベルサール新宿グランドで開催されるイベントの見どころを「顔抜きスト」として知られる赤塚誠二さん(JAWS-UG山形)に聞いてみたぞ。

1000人を超える登録者!3月12日は新宿が熱い!


さて、今年もやってきました「JAWS DAYS 2016」。3月12日に開催されるイベントの見どころについて、大会委員長の赤塚さんに聞いてみたいと思います。山形の赤塚さーん?


はーい、赤塚です!よろしくお願いいたしますー。


さて、3月12日に迫ったJAWS DAYS 2016ですが、年に1度のクラウドのお祭りと言うことで、クラウドユーザーがいっぱい来ますよね。現時点でどれくらい登録があるのでしょうか?


はい。今は約1000人強の方にご登録いただいていまして、今週になってWebへのアクセスもどんどん増えていますねー。


今年のイベントのテーマは「Move Up the Next Cloud」ということですが、まずどんなトラックが用意されているか教えてください。


全体としましてはテーマに合わせて7つのトラックがありまして、一番大きいセンタートラックはどちらかというとエモい感じのお話です。

新宿ベルサールの会場をどかーんと使ったセンターステージ(JAWS DAYS 2015より)

私もJAWS DAYSでワークライフ・バランスさんの講演が聴けるとは思いませんでした。クラウドのイベントで働き方の講演とは新鮮ですね。


そうですねー。JAWS-UG代表の金春さんが別のイベントのつながりでご紹介いただきまして、われわれのベースの部分として働き方やモチベーションの部分はぜひ専門の方にお話いただきたいと思い、お願いさせていただきました。


センタートラックはJAWS DAYSとしては初登壇のソラコム玉川さん、昨年から界隈でささやかれてきた「AWS Mafia」たちのトークセッション、元Google(現Increments)の及川さんのエンジニアの成長戦略など、AWSユーザーかどうか関係なく、楽しめそうですね。


玉川さんは毎回驚くような内容でお話いただけますし、スタートアップとなったお立場でお話頂けるのがとても楽しみです。及川さんも新しいステージにうつられて、初めてJAWS-UGのイベントでお話頂けるのはエキサイティングですね。お二方ともにエンジニアの成長戦略や、これからのスタートアップのようなビジョンについて広く参加者の方々に聞いていただけるのではないでしょうか。


及川さんは先日CROSSでパネル聞きましたが、プログラマーとしての成長戦略にすごい一本気な意見を持っていて、参考になりましたので、ぜひ聞いてほしいですね。ほかのトラックも紹介してください。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事