このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

日本IBMとソフトバンクが共同展開、国内の「コグニティブビジネス」推進目指す

国内採用事例も次々に、日本語対応の「IBM Watson」提供開始

2016年02月19日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本IBMとソフトバンクが2月18日、「IBM Watson 日本語版」のサービス提供開始を発表した。発表会には両社社長のほか、三菱東京UFJ銀行、第一三共、フォーラムエンジニアリングなど、日本語版Watsonの採用を決めた企業も出席し、具体的な活用例やメリットを紹介した。

「IBM Watson 日本語版」発表会に出席した、(左から)日本IBM 代表取締役社長のポール与那嶺氏、ソフトバンク 代表取締役社長兼CEOの宮内謙氏、米IBM Watsonビジネス開発担当SVのマイク・ローディン氏

「IBM Bluemix」PaaS上で6種の日本語対応Watson APIを提供開始

 今回提供を開始したのは、日本語処理に対応した6種類のWatsonサービス(Watson API)。具体的には、自然言語処理APIが4種類、スピーチAPIが2種類となっている。日本語に対応するWatson APIの種類は、今後もさらに拡張していく。

日本語に対応した6種類のWatson APIを「IBM Bluemix」クラウド上で提供開始

■自然言語処理API
 「自然言語分類」(Natural Language Classifier):質問文などの意図や意味を理解し、質問方法が異なっていても適切な回答を可能にする
 「対話」(Dialog):質問する際の個人的なスタイルに合わせた会話を生み出し、自然なインタラクションを可能にする
 「検索およびランク付け」(Retrieve and Rank):機械学習を活用し、ノイズが多く含まれるデータから意味のある「シグナル」の検知を支援する
 「文書変換」(Document Conversion):PDFやWord、HTMLなど異なるフォーマットのコンテンツを、Watsonサービスで利用可能なフォーマット(Retrieve and Rankなど)に変換する

■スピーチAPI
 「音声認識」(Speech to Text):人間の音声をテキスト化する
 「音声合成」(Text to Speech):テキストを自然な言葉で読み上げる

 IBMのPaaS「Bluemix」で提供されるこれらのサービスをAPI経由で利用することで、コグニティブコンピューティングの能力を生かしたアプリケーションが容易に開発できる。特に、日本語の自然言語を理解し推察できる能力、そして音声インタフェースを備えたことで、企業における照会応答業務を支援したり、あるいは顧客からの紹介に直接応答したりすることが可能になった。

 日本IBM 執行役員 ワトソン事業部長の吉崎敏文氏は、日本語対応したWatsonサービスを通じて金融、医療、メディア、製造など、各業界のフロントランナーと共に、新たな“コグニティブビジネス”を創出していきたいと抱負を語った。両社では、戦略/企画立案やデータ検証、Watsonの“学習/訓練”やアプリ開発、本番稼働まで顧客をサポートしていく。

なお、Watsonの訓練や学習に使うデータは顧客ごとに異なるため、Watsonが蓄積する知見=コーパスも当然異なるものに成長していく。「顧客ごとに溜まるコーパスが一番重要。それが差別化要因になる」(吉崎氏)

 なお日本IBMでは、「全社のWatsonエンジニアを現在の3倍以上に増やしていく」(吉崎氏)方針。また、Watsonを活用したアプリケーションやサービスを開発/提供するエコシステムパートナーの拡大にも注力していく。

国内のWatsonビジネスは、IBMとソフトバンクが一体となって展開していく姿勢を強調した

金融、製薬、人材からスタートアップまで、多数の採用事例を紹介

 発表会ではIBMが、衣料品を販売するオンラインショップを模したデモを披露した。顧客との音声会話とデータ分析を通じて、顧客の好みに合ったファッションアイテムをレコメンドするというものだ。

オンラインショップでWatsonが“接客”するデモ。顧客が「ジャケットを探している」「もっと明るめの色で」「パンツも一緒にコーディネートして」などと話しかけると、Watsonはその言葉を理解し、リアルタイムにデータ分析を行ったうえで、最適なアイテムを音声回答する

 さらに発表会では、三菱東京UFJ銀行、第一三共、フォーラムエンジニアリング、FiNC、カラフル・ボードの5社が登壇し、それぞれが提供(または予定)しているWatson日本語版を活用した顧客サービスや業務アプリケーションをユースケースとして紹介した。

 三菱東京UFJ銀行では、公式LINEアカウントにWatsonを組み込むことで、ユーザーからの質問を理解し、適切な回答を行う仕組みを開発した(同日リリース)。今後はさらに活用領域を拡大し、Web上で顧客に適した金融商品を提案する「eファイナンシャルプランナー」の開発なども計画している。

 製薬メーカーの第一三共では、創薬プロセスが長期間にわたる原因となっている膨大な論文/データの収集と分析や、適切な研究テーマの選定などにWatsonを適用していく方針。「1つの新薬開発に10年、1000億円以上かかるのが当たり前というのが現状。創薬研究者の『英知』と『勘』をWatsonに集積することで、創薬を効率化できないかと考えている」(同社)。

 技術者派遣業のフォーラムエンジニアリングでは、企業からの求人に対して最適な登録者を紹介する人材マッチングの業務に、Watsonを活用していく計画。人間のコーディネーターではなく、Watsonがマッチングを行う「インサイトマッチング」サービスを、今年4月から提供すると明らかにした。

三菱東京UFJ銀行では、公式LINEアカウント「カナヘイさん」にWatsonを組み込み、自然言語による顧客の質問に回答する仕組みを開発FiNCでは、個人向け食事指導サービスにおいてWatsonを活用し、専門家(栄養士など)のメニュー提案業務をサポート
第一三共では、医薬品の研究開発にWatsonを適用し、膨大なデータ収集/分析や研究テーマ選定のプロセスを効率化して、創薬期間短縮とコスト削減を図る計画カラフル・ボードでは、ユーザー個人の“感性”を人工知能化する「SENSY」にWatsonの持つ“言葉”の能力をプラスし、対話能力を強化していく

 そのほか、かんぽ生命保険における保険支払業務の支援、東京大学医科学研究所における癌(がん)ゲノム医療/個別化医療の研究促進といったWatson活用事例も紹介された。

前へ 1 2 次へ

ピックアップ