このページの本文へ

クラウドファンディングMakuakeで3万8000円から

腕時計“スマート性”さりげなく「VELDT SERENDIPITY」

2016年02月17日 11時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートウォッチが「1.4インチのスマートフォン」でいいのか。腕時計のような顔をしていながら、画面に触れなければ時間さえ確認できないなんて。

 わたしのような不満を持っている人間は案外多いのか、最近になって「腕時計に通信機能を持たせる」アプローチのスマートウォッチが増えてきた。17日に登場した「VELDT SERENDIPITY(ヴェルト セレンディピティ)」もその1つだ。

 開発元は日本のスタートアップ・VELDT(ヴェルト)。クラウドファンディングのMakuakeで出資者を募集中で、入手のための出資額は3万8000円から、今年5月出荷予定。ちなみに同社の野々上仁代表は日本オラクル元執行役員。

 ヴェルトは、アナログ腕時計をベースにつくられたスマートウォッチだ。コンセプトは、必要最小限の情報がチラ見でわかること。「Vivid loop(ヴィヴィッド・ループ)」という文字盤上のLEDライトなどを使って情報を表示する。

 たとえば天気予報。晴れならオレンジ、曇りなら白、雨なら青と、カラーで情報をミニマルに表示する。メッセージを表示するため小窓も備えており、着信、SMS、メール、Facebook、LINEなどの通知ができるそうだ。

 健康系のウェアラブルデバイスとおなじように、活動量や睡眠の深さを測定することもできる。コンパスやタイマーとしても使用可能だ。

 時計部分はクオーツムーブメントで、通常の腕時計と同じように電池駆動。電子機器部分は充電式リチウムイオン電池動作、約1週間は持続するという。ケースはステンレススチールで、一部モデルの風防はサファイアガラス。

 防水性能は生活防水レベル(IPX7)。サイズは外径48mm、厚さ15.6mm。重量は約75g。ベルトはMakuake限定で京都デニムとコラボした特注仕様だ。

 外側だけを見てみれば、ごく普通の腕時計。3月にスイスで開催される時計・宝飾品の展示会「バーゼルワールド」にも出展予定という。なお新宿・伊勢丹メンズ館でも展示があるそうなので、バーゼルに行かない方はそちらで。

 はたして国産スマートウォッチの旗手となれるか、注目したい。



盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、記者自由型。好きなものは新しいもの、美しい人。腕時計「Knot」ヒットの火つけ役。一緒にいいことしましょう。Facebookでおたより募集中

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「“うんこが漏れない世界を”DFree


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART